新型インフルエンザ患者急増

フランスでは先週に入り新型インフルエンザ患者が急増している。新型インフルエンザで診察を受ける患者数は全国で73万人にも達し、その前の週の70%以上も増加した。

これにともない、ワクチン接種希望者も急増した。ワクチン接種を開始した当初は閑古鳥のないたような接種センターだったが、いまや100人以上が押しかけ混雑する会場もみられるほどだ。

10歳未満の子供には2回の接種が必要とされ、妊婦や乳幼児には免疫補助剤が使用されていないものが使われるという。この免疫補助剤とはアジュバンドと呼ばれ効力を増すための補助剤として使われる。接種した本人の生殖器や脳になんらかの影響を与えるという説もあるそうだが、確かなことはわかっていないようだ。

ただ、その影響力を懸念して、フランスやスペインでは、この補助剤を使用しないワクチンを妊婦や乳幼児に使用すると決まっている。日本ではこうした配慮が行われているのか、通常のニュースを見聞きするだけでは不明だ。日本でも待ちに待った接種がスタートしたが、免疫補助剤の使用については情報がなかなか簡単に手に入らないのは残念でならない。

関連記事

ニュースレター

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. 2010/10/25

    産休延長へ
ページ上部へ戻る