フランスでは先週に入り新型インフルエンザ患者が急増している。新型インフルエンザで診察を受ける患者数は全国で73万人にも達し、その前の週の70%以上も増加した。

これにともない、ワクチン接種希望者も急増した。ワクチン接種を開始した当初は閑古鳥のないたような接種センターだったが、いまや100人以上が押しかけ混雑する会場もみられるほどだ。

10歳未満の子供には2回の接種が必要とされ、妊婦や乳幼児には免疫補助剤が使用されていないものが使われるという。この免疫補助剤とはアジュバンドと呼ばれ効力を増すための補助剤として使われる。接種した本人の生殖器や脳になんらかの影響を与えるという説もあるそうだが、確かなことはわかっていないようだ。

ただ、その影響力を懸念して、フランスやスペインでは、この補助剤を使用しないワクチンを妊婦や乳幼児に使用すると決まっている。日本ではこうした配慮が行われているのか、通常のニュースを見聞きするだけでは不明だ。日本でも待ちに待った接種がスタートしたが、免疫補助剤の使用については情報がなかなか簡単に手に入らないのは残念でならない。

関連記事

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. セバスチャン・マルニエ監督
    https://youtu.be/-DVY9NpXM8w セバスチャン・マルニエ監督 インタビュ…
  2. OECD加盟国によるPISA(学習到達度調査)の2009年度の結果が発表された。PISAは3年ごとに…
  3. フランス語でhは発音しないことになっているので、フランス人に英語などを習うときにhの発音、つまりha…
  4. フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  5. 日本の自殺者数は警視庁の資料によるとここ十年、毎年3万人を超えており増加傾向にある。国際比較では、自…
  6. 日本ではシニアの雇用が促進されるよう厚生労働省が様々な施策を講じており、定年の引き上げや継続雇用制度…
  7. フランスの税金が安いという印象はないが、フランス国債が格下げの危機にあり、フランス大富豪連合は、高額…
ページ上部へ戻る