パリ近郊のブローニュ・ビヤンクールにあるアンブロワーズ・パレ病院の集中治療室。afp - alain jocard

総病床数5758床、パンデミックの最中に25の病院と診療所が閉鎖された

フランスでは、医療危機にもかかわらず、医療機関のベッド数を減らす傾向が続いています。厚生省は9月29日(水)に、コヴィド-19の流行により、この運動が増幅されているとさえ言える調査結果を発表しました。

フランスには現在、3,000件弱の医療機関があります。再編成やリストラの間に、2020年には25の公立病院と民間クリニックが閉鎖されました。その結果、1年間で6,000床近くのベッドが失われました。1.5%の減少となり、前年よりもさらに大きくなりました。今回の研究では、流行の背景が説明の一つになっています。2人部屋を1人部屋に変更して伝染を防ぎました。

再配属

医療従事者は最も求められているサービスに再配置され、その結果、多くのデプログラムが行われました。しかし、集中治療室の定員増は、例えば14.5%。

その一方で、この危機的状況は、脆弱な患者を病院でのコビド-19感染の可能性から遠ざけるために、自宅での入院を増加させました。これらの入学者は、2019年に6%だったのが、2020年にはほぼ11%に跳ね上がりました。

外来診療への移行

この研究の最後の発見は、外来診療への継続的なシフトです。これらの入院により、患者は手術後すぐに帰宅することができます。

しかし、外来診療や在宅診療の数を合計して、フルベッドの閉鎖数と比較すると、足りないのです。フランスは確かにケア能力を失っている。

シェアしよう!