肌のホワイトニングで深刻な障害が発生

日焼けマシンで肌を黒くしようとする人もいれば、薬品を使って肌を白くしようとする人もいる。

フランスではアフリカ系黒人の女性の20%が、肌を白くするためのホワイトニング用薬品を使用しているとされている。この薬品だが違法な成分が含まれているものも多く、肌がただれるなど深刻な被害を受けている人も出始めている。この被害をうけて、アンチ・ホワイトニングのキャンペーンがパリでは行われた。

肌を白くしようとするアフリカ系黒人の女性には、世界的スターのジャネット・ジャクソンやビヨンセなど肌の明るめの黒人女性への憧憬の念が含まれているが、根底にはもっとダークな心理が存在するようだ。フランスへの同化、人種差別された経験からのトラウマを抱え、肌を白くすることへの強迫観念は一種の精神疾患とも扱われている。

Please follow and like us:

関連記事

ニュースレター

FeedBurner

更新情報をメールで受け取る

Delivered by FeedBurner

Subscribe in a reader

AntenneFranceの本



YouTubeチャンネル

ピックアップ記事

  1. フランスの税制

    衆議院議員選挙もいよいよ終盤戦。地方分権を叫びながら、地方自治体の政策に反対する選挙演説を聴くたびに…
  2. フランスも源泉徴収が開始される

    フランス政府は税金の源泉徴収を行う予定で、大統領の任期期間中には実施されるとされています。3〜4年ほ…
  3. フランスの救助部隊満足に活動できず

    フランスの救助隊120人が救助装備と共に日本に到着し、救助にあたりましたが、あまり満足な活動が出来ず…
  4. 日・仏社会保障協定発効

    現在日本からフランスへは、400以上の企業、約30900人が住んでいます。特にフランスなど海外に派遣…
  5. 結婚なんて過去のもの

    324号の「子だくさんフランス」で、少し紹介したフランスの制度PACS(連体市民協約)ですが、いつも…
ページ上部へ戻る
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial