日曜日のパリでは、環境保護運動「Extinction Rebellion」が独自の方法でCOP26の開幕を迎えました。ハロウィーンの世界を乗っ取った環境保護活動家たちは、市民的不服従作戦を用いて、地球を救うために何もしなければ私たちは死ぬということを演出しました。パリのレザールの中心部に200人ほどの活動家がいた。Reported by Eric Chaurin.

フォーラム・デ・ホールの入り口では、偽のゾンビが本物の活動家を襲い、ペットボトルから偽の血が噴き出し、働きすぎの警備員を悩ませていた。日曜日の買い物客の目の前で、バナーが展開される。

これは映画ではありません、Extinction Rebellionが再び襲ってきました。公共の場での壮絶なアクションと発言。COP26の前夜、世界のリーダーたちの無策を糾弾したい気候変動活動家たち。

グラスゴーで開催されるCOP26に合わせてパリで作戦中の環境保護運動「Extinction Rebellion」(2021年10月21日 RFI/Eric Chaurin

 

https://www.rfi.fr/fr/environnement/20211031-a-paris-le-mouvement-écologiste-extinction-rebellion-salue-l-ouverture-de-la-cop26-à-sa-façon