人工知能と音楽:創造的な革命または生産ツールの改善?

人工知能は、音楽だけでなく、創造のあらゆる分野で不可欠です。アーティストは、研究者やエンジニアと協力して、その進歩によってもたらされる可能性に興味を持っています。しかし、これらの技術は曲の作曲と制作に何をもたらしますか?彼らは今日どこにいますか?私たちはすぐに機械が男に取って代わるのを見るだろうか?

ブノワ・カレが人工知能(AI)のおかげで作曲された音楽に乗り出したのは、彼が他の人のために曲を書くのに少しうんざりしていたからです。彼のグループ、Lilicubの曲に興味のある研究者から連絡を受けたこのかなり慎重なミュージシャンは、彼が研究所で提供された機械を最初にテストしました。「ピアノで演奏されたものの続編を書いたコンティニュエーターと呼ばれる技術があった」と彼は振り返る。その後、実験への願望に駆られて、彼は2015年にソニーCSL研究所のFlow Machinesプロジェクトに参加し、AIで作曲に取り組みました。

ブノワ・カレは、最初にビートルズのレパートリーから曲をテストとして想像しました。デンマーク語で「影」であるSkyggeという仮名で、彼はAIと共同作曲した最初のエレクトロポップアルバム「Hello World」を書いた。このレコードのために、ソングライターはStromae、ポップグループThe PirouettesやジャズマンのMédéric Collignon、そして彼に音楽の提案をした生成AIなどのゲストを呼びました。「ハローワールドで、私たちは作曲に取り組みました。すべてのメロディーは、マシンに与えられたスコアから生成されました。例えば、Ballad of the Shadowという曲では、詩はAIによって生成され、私はコーラスを書きました」と彼は説明します。

AI、機械による人間の模倣

AIが今みんなの唇にあるなら、それは実際には「いくつかの現実をカバーするスーツケースの言葉」である、と、Spotifyストリーミングプラットフォームの国際音楽ディレクター、ブルーノ・クロロは新聞ル・モンドで述べた。最も話題になっているのは、ジェネレティブ人工知能です。

AIを定義するために、私たちがインタビューした研究者は、コンピュータによる人間の創造的または知的機能の模倣に同意します。この結果を達成するために、近年主に自らを課してきた技術は「ディープラーニング」のものです – 翻訳:「ディープラーニング」。人間の脳とまったく同じように、私たちは深いルーツを持つニューラルネットワークを使用し、それが引き出すデータベースのおかげで、特定のタスクにマシンを訓練します。

The WeekndとDrakeの間の私の袖に想像上のデュオHeart、Oasisの新しいアルバム、AngèleはラッパーHeuss l’enfoiréとGazoからサイヤ人を引き継ぐ、またはKaarisが漫画Scoobidoo(sic)のクレジットを歌っています。ディープフェイクはウェブやソーシャルネットワークに侵入した。

AllttAで、ビートメーカーのシルヴァン・リチャード(別名20syl)は、彼のグループとアメリカのスターJay-Zの間の仮想デュオであるSavagesを想像するところまで行きました。1990年代のラップトーンのこの曲では、ビートメーカーは他の曲と同じように機能しました。彼は彼が作曲したインストゥルメンタルと彼の相棒のJ氏のアカペラから始めました。メデイロス。彼は無料のUberduckアプリケーションにテキストとこの歌の行を入力し、「Jay-Z IA」の声を生成しました。多くのレタッチの後、彼はこのボーカルパートを彼の相棒のパートとミックスし、本物のデュオの錯覚を与えました。

音声やその他のアプリケーションの模倣

AllttAのディープフェイクは、2年前、「ChatGPTの発売前」と「ミッドジャーニー革命」のイメージのために作られました。アーティストが利用できるツールの急速な進化に伴い、20sylは、良い結果を達成するために多くのことをいじらなければならなかったとき、ワンクリックで多くのことができるようになったと信じています。有名な声の模倣を可能にする「声合成」は、最も興味深い20sylです。ブノワ・カレもこの方向への探検を続けている。

しかし、AIは音楽の執筆から制作まで、さまざまなタスクをカバーしています。メロディーやサウンドを生成したり、テキストを書いたり、曲のトラックを分離したり、これまで退屈だった多数のタスクを自動化したりできます。

しかし、それは本当に技術革命ですか?「これはおそらく、私たちがすでに持っているツールを改善するでしょう:ドラムマシン、サウンドプロセッシングエフェクト、マスタリングツール…また、私が期待しているのは、このAIがハイブリッド機器を作成できるようにしてくれるということです」と20sylは説明します。

Mubert、Music LM、または最新のSuno AIなどのオンラインアプリケーションは、すでにワンクリックで音楽を生成します。しかし、ブノワ・カレと一緒にソニーCSLのフローマシンプロジェクトに携わった研究者フランソワ・パシェは、人間の手なしではまだできないと考えています。「一般向けのAIは、今や生産ツールにすぎません。特に音声合成では面白いです。しかし、商業には構成の問題は何もない」と彼は要約する。

問題として、彼によると、ポップミュージックの作曲に対する一般的な無関心、そして何よりも著作権に関連する作品の制限。いずれにせよ、すべての回答者は同じ観察に同意します。現時点では、AIの結果は画像よりも音楽にとって説得力がありません。しかし、アプリケーションの絶え間ない進化を考えると、この観察は決定的ではありません。

AIがステージに上がるとき。

Ircamでは、研究者のGérard Assayagが1992年に研究チームを設立して以来、人工知能を検討してきました。それ以来、彼は特にジャズピアニストのベルナール・ルバットと一緒に、定期的にAIをステージに演着せています。

欧州の資金によって資金提供されたREACHプロジェクト(*)の場合、アイデアは人間と機械の相互作用を作り出すことです。このため、彼はナショナル・ジャズ・オーケストラ(ONJ)とのプロジェクトのために、ルバット、ギタリストのシルヴァン・リュック(最近亡くなった)、トロンボーン奏者のジョージ・ルイス、スティーブ・リーマンなどの大きなジャズ名を呼んだ。

彼はまた、イルカム研究所で約10の即興セッションのためにイルカムのレジデンスにダブルベーシストのジョエル・レアンドルを招待しました。 この作品は、昨年、ウゼステフェスティバルで、パリのポンピドゥーセンターでの2つのコンサートを開催しました。

なぜアフリカ系アメリカ人のフリージャズと現代音楽を経験したこの優れた即興演奏家は、彼女が「サウンドボックス」と呼ぶものに直面して演奏することに同意したのですか?「現代的であること、それだけだ」と彼女は答える。機械は何を変えましたか?「私にとって、大きな違いはありません。私は他のミュージシャンのように、聴いているものに反応します」と彼女は言います。機械とのこの交換で、ジョエル・レアンドレ・ポエティス:「私は人間を信じています。彼は私の楽器を作った人です。木材、ワニス、ウィーバー、弦の長さ、振幅。AIは私にとってもう一つの道具です。しかし、この楽器は他のものを予想せず、押しつぶしません。それは冒険です、それだけです!

(*)サイバーヒューマン音楽の共創性を高める、次のように翻訳すべきもの:サイバーヒューマン音楽の共創性を高める。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1742
Enable Notifications OK No thanks