人工知能が学校に戻ってきた

フランスのスタートアップ企業が、学校の中退対策として教育用・デジタルアシスタントを開発しました。これらの教育モジュールのコンテンツは、人工知能プログラムによって管理されています。小中学校の児童・生徒と先生を対象としています。

人工知能が学校に戻ってきた| アンテンヌフランス

フランスのスタートアップ企業EvidenceBが作成した教育モジュールには、認知科学と人工知能の研究の最新の成果が活かされています。このシステムのデジタルインターフェースは、学生一人ひとりの難易度に応じて、演習形式で内容を調整します。そのため、生徒が自分のペースで学習を進められるよう、継続的な個別指導を実施しています。

モジュールは、小学校から高校までの学校のカリキュラムに沿ったものです。EvidenceB社の共同設立者兼社長であるThierry de Vulpillières氏は、「これらのデジタルデバイスは、教師が論文の添削や若い学習者の評価といった退屈な作業から解放され、生徒の学業成就という重要なことに集中できるようにします」と説明します。

人工知能プログラムを使う利点は、生徒が演習を行う際に残すデジタル痕跡を検出できることです。例えば、数学の問題文をどう理解するか。いつ、なぜ、引っかかるのか?ある課題を解決するために、どのような知識が不足しているのか。このような情報をソフトウェアで分析することで、教師は提供する授業をできる限り調整することができるのです。私たちが使っている人工知能プログラムは、フランス国立デジタル科学技術研究所(Inria)が開発したもので、個人の近位発達領域を分析するコンピューターシステムを搭載しています。これは心理学者のヴィゴツキーが提唱した概念で、生徒がやる気をなくさないように、いつもより少し難しい、しかし複雑すぎない課題を与えることで、生徒が上達することを示しています。この近接領域は、アルゴリズムによって完全に識別され、生徒のレベルに応じてエクササイズを自動的に調整し、生徒が自分のペースでスキルを向上させることを可能にしているのです。

「私たちのプログラムが先生方の代わりを務めるということはありません。」

しかし、ティエリー・ドゥ・ヴルピエール氏は、教師の存在を心強く思っている。彼にとっては、常に必要なものなのです。

私たちのプログラムは、教師の代わりになるものではありません。フランスの学校制度は、世界中の他の学校と同様に、教師が提供するコースが基本となっています。EvidenceBが開発した教材やデジタルリソースは、先生方のお供やアシスタントになることを想定しています。AIが管理する演習モジュールの目的は、学校の先生方がより効果的に生徒と接する方法を啓発し、退学者を助け、成功者をさらに知識の道へと押し進めることです。

昨年の検証段階を経て、IAが管理するこの適応型教育システムは、教育省や地方自治体の要請により、フランスのいくつかのアカデミーに導入されています。イル・ド・フランス地方の50万人以上の高校生と、南部のプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地方の学生のほとんどが、フランス語の運用能力を高めるために、個人用の学習パスを無料で利用できます。基礎を習得するためのAdaptiv’Mathモジュールは、CPからCE2まで、フランス国内の大多数の小学校で採用されています。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20220903-l-intelligence-artificielle-fait-sa-rentrée-scolaire

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks