フランスの裁判所が鳥類捕獲許可証に関する政府の判断を覆す

フランスの最高行政裁判所は、政府が伝統的な鳥類の狩猟のために新たに発行した許可証を停止しました。

月曜に行われた国家評議会の判決は、今月初めに政府が出した狩猟許可がヨーロッパの法律に反する可能性があると判断したものである。この判決は、自然保護団体による激しいロビー活動の後に出されたものです。

NGO「One Voice」のMuriel Arnal氏は、ラジオ「France Info」で、「狩猟によるダメージは取り返しのつかないものであるため、緊急性が認識されたことは非常に喜ばしいことです。

「正義があり、生態系や生物多様性が守られていることを知ることは重要です」。

活動家によると、ヨーロッパの鳥類の個体数が激減している中、フランスでは年間15万羽の鳥が、グルー・トラップやネットなどの非選択的な狩猟方法によって死んでいるという。

禁止された技術

この夏、裁判所は、網やかご、のりしろなどを使った伝統的な鳥類の狩猟方法を禁止しました。

これらの手法は、フランス南西部や東アルデンヌ地方で盛んに行われてきました。

メールマガジン購読

「何年もの間、狩猟ロビーは歴代政府の意見に耳を傾けてきました」とアーナルは言う。

「しかし今日では、鳥が消えていることを知らないとは言えないし、趣味のためだけの残酷な行為だとも言えません」。

2009年の欧州鳥類指令では、種の区別なく鳥を大量に捕獲することを禁止しています。

「狩猟の伝統は、鳥類指令の要求事項に従わないことを正当化することはできない」とLeague for the Protection of Birds(鳥類保護連盟)は述べ、フランスの裁判所の判決を「素晴らしい、偉大な勝利」と称賛した。

しかし、狩猟団体はこの判決に不満を抱いており、彼らのバードハンティングは生物多様性に影響を与えるには小さすぎると主張している。

全米狩猟連盟のウィリー・シュレン会長は、AFPの取材に対し、「私は多くの怒り、苦い思い、嫌悪感を抱いている」と語った。

「些細なことで一握りのフランス人を困らせようとする政治的・法的決定が理解できません」

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211026-french-court-overrules-government-on-bird-hunting-licences

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 683