クリステル・ヘイデマン、Orangeのトップとしての数々の挑戦

ステファン・リシャールの後任として、クリステル・ヘイデマンが来年4月にオレンジグループのトップに就任する予定です。彼女の任命は、金曜日にグループの取締役会によって正式に決定されました。

Christel Heydemannは、来春から変革のグループを率いることになります。欧州では、新ボスは引き続きグループの中核事業である通信ネットワークの変革に取り組みます。フランスでは、古い銅線ネットワークをスムーズにファイバーに置き換えていく必要があります。4G、5Gも開発する必要がある。

クリステル・ヘイデマンは、グループの財政を圧迫しているスペイン市場での困難な状況も管理しなければならない。

幸いなことに、アフリカがある。大陸は依然としてOrangeの主要な成長ドライバーです。新マネージャーは、すでに17カ国で展開されている4Gネットワークを引き続き発展させる必要があります。グループの多様化戦略を追求するため、彼女は、すでに5000万人以上の顧客に金融ソリューションを提供しているOrange Moneyと、2年前に発足したグループの銀行であるOrange Bank Africaの発展を支援しなければなりません。

大陸での長年にわたるプレゼンスを維持するためには投資が必要ですが、他のマルチサービス事業者との競争はますます厳しくなっています。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220128-les-nombreux-défis-de-christel-heydemann-à-la-tête-d-orange

 

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks