中国の国家主席は10月12日、発展途上国の生物多様性の保全と再生可能エネルギーの開発に向けた2億ユーロ以上の基金を発表しました。AFP - STR

COP15:習近平氏、生物多様性基金に2億円以上の拠出を約束

中国では、国連の生物多様性に関する会議であるCOP15がスタートしました。中国の大統領はビデオスピーチの中で、発展途上国の生物多様性を保全するための2億ユーロ以上の基金や、再生可能エネルギーの開発に向けた取り組みを発表しました。

北京特派員、ステファン・ラガルドとともに

昆明にいたNGOや外交官は、生物多様性の損失を食い止めるための強力な発表を期待していた。このスピーチはほんの始まりに過ぎず、特にアフリカや南米で、メガシティの進出からまだ一部が残されている原生林や湿地、その他の草原を保護するために、先進国からの支援を求めている人々に向けたものです。

必要不可欠な投資

「習近平はCOP15の画面で「中国は途上国の生物多様性の保全を支援する基金の創設に15億元を拠出する。現地では、中国の大統領が大規模な太陽光発電や風力発電のプロジェクトを加速することを発表し、ゴビ砂漠の砂地に横たわる巨大な風力発電機のブレードの映像や音楽が国営メディアで流されました。

来年5月の会議終了時までに、各国の陸海空域の30%を保護することを約束する共同宣言の達成を目指しています。生物多様性への投資なくして、パリ気候協定の目的を達成することは不可能です。COP15はグラスゴーで開催されるCOP26と併催されており、地球環境ガバナンスにおける道徳的優位性を主張する中国外交の重要なショーケースでもあります。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!