COP26:「最小限」の合意と、石炭に関するインドの一撃

11月13日(土)、グラスゴーで開催されたCOP26は、1日遅れで終了しましたが、最終文書が採択される直前にインドが石炭に関する条項を変更したため、ほとんどの場合、大成功に終わりました。

英国の議長国は、このような形でCOP26を終えようとしていたわけではありません。議長のアロク・シャーマは、自分が守ると約束していた小国に対して、感情と羞恥心を隠せないまま謝罪し、このような結果になったことを「深くお詫びします」と述べたと、グラスゴーのクリストフ・パジェット特派員が伝えています。

“COP26 “はただの話。スウェーデンの若者の活動家であるグレタ・トゥンベリは、「本当の仕事はホールの外で行われています。私たちは決して諦めません」と語りました。

土曜日に最終文書が承認される予定だった本会議は、開始に非常に時間がかかり、通路での議論が続き、最終的には、インドが中国の支援を受けて、最後の最後で重要な修正を加えたことが判明しました。

複数の国からの抗議

いくつかの国から公式に抗議の声が上がりましたが、結局、遅すぎたために蛇を飲み込んでしまい、最終的に文章が受け入れられました。途上国の気候変動への適応に十分な資金が投入されていないことや、気候変動による取り返しのつかない被害である「損失と損害」に対する予算が数百万ドルを除いてまったく計上されていないことに続き、今回も失望させられました。

特に、すでに気候変動による災害の影響を受けている国の損失・損害に対する追加資金を提供しなかったことから、NGOもサミットに対して非常に批判的です。”COP26は、富裕国の優先事項を反映した北のCOPだった “と、Climate Action Networkは言います。一方、ケア・フランスは、「汚染国と脆弱国の間の耳障りな対話」に言及しています。グリーンピース・フランスとそのスポークスマンであるクレメント・セネシャルは、今回のCOP26の結果は「大失敗とまではいかないまでも、不十分なものである」と述べています。

「もちろん、非常に残念に思っています。科学に耳を傾けるならば、唯一の解決策は石炭を止めることであり、私たちは率直にそう考えなければなりません」と、スウェーデンの気候・環境担当大臣であるペル・ボルンド氏は反論しました。この文章は変更すべきではありませんでした。しかし一方で、石炭に依存している国があることも知っています、少なくとも彼らはそう見ています。そして、石油を探し続けたいと思っている国もあります。協定を結ぶためには、相手がテキストを受け入れなければならない。もちろん、それなりの重みがあります。

メールマガジン購読
グラスゴーの墓地に設置された偽の墓石は、様々なCOP会議の失敗を物語るものとされています。AFP – ポール・エリス

石炭の終わりの始まり

インドが主導した逆転劇にもかかわらず、テキストの象徴的な意味について楽観的な見方をする人もいる。グリーンピースのディレクター、ジェニファー・モーガンは次のように述べています。「ひとつの言葉を変えたところで、シグナルが変わるとは思えませんし、この会議で得られたシグナルは、石炭が廃止されるという明確なものです。まず、国連の文書で初めて明確に言及されたこと、そして先週、ベトナムやウクライナなど新たな国が石炭を放棄し、20カ国が化石燃料への資金提供を中止することを表明したことです。

COP26開催国の代表であるボリス・ジョンソンは、「今後数年間でやるべきことがまだたくさんあるにもかかわらず、協定に署名したことは大きな前進である」と述べています。

いずれにしても、今回のCOPは、そもそも気候変動の脅威にさらされている貧困国や小国のためのCOPではなかったことは間違いないでしょう。彼らの要求は最後まで聞き入れられなかった。

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 640