フランスの新型コロナ:推定650万人の未接種者とは?

フランスでは、新型コロナのリバウンドが流行しています。罹患率は人口10万人あたり100件を超えました。今のところ、ドイツやベルギーなどの近隣諸国に比べて、感染者数はそれほど多くありませんが、流行の勢いは明らかに増しています。これに対処するため、当局はワクチン接種に力を入れており、ワクチンを接種した高齢者を対象に、時間の経過とともに低下する免疫力を高めるブースターキャンペーンなどを実施しています。しかし、当局はワクチンを接種していない人にも手を差し伸べたいと考えています。現在までに、対象者(12歳以上)の約90%が少なくとも1回の投与を受けています。他の人たちは?

フランスでは、12歳以上の約650万人が新型コロナに対するワクチンの投与を受けていません。50歳以下の人口は400万人を超えています。50歳以上の人口は約230万人。当局が特に心配しているのは、高齢者です。65歳以上の方で、注射を受けていない方が100万人以上いらっしゃいます。また、想像に反して、80歳以上の人々は最も保護されているわけではなく、そのうちの15%は予防接種を受けていません。例えば、スペインやポルトガルでは、この年齢層全体にワクチンを接種することができました。

主なギャップ

フランスでは、一般市民の予防接種率が非常に高いにもかかわらず、当局は大きなギャップがあると見ており、感染者数が爆発的に増加した場合、入院患者が急増する可能性があります。

特筆すべきは、最も恵まれていないフランス人もワクチン接種が少ないようです。例えば、保健省によると、低所得者を対象とした国の補助金である補完的健康保険を受けている人のワクチン接種率は45%で、国民全体の75%と比較しても遜色ありません。これも当局の課題です。

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20211117-covid-en-france-qui-sont-les-quelque-6-5-millions-de-personnes-non-vaccinées