2021年6月12日(土)、フランスで初回のワクチン接種数が3,000万回という象徴的な節目を迎えました。(イラスト) REUTERS - STEPHANE MAHE

コロナが緩和

“Towards a more serene end of the year”(より穏やかな年末に向けて)という見出しがLe Figaroに掲載されています。”So far, so good. 8月末に始まったポジティブな動きは、最も楽観的な予測を超えて継続しています。国レベルでは、人口10万人あたりの7日間のコヴィド-19の発症数が50件を下回っています。集中治療室では、9月15日には100人以上が入院していたのに対し、現在では1日の入院患者数が50人未満となっています。All Saints’ Holidayまであと2週間となりましたが、9月の学校生活の影響はまだ感じられません。科学委員会のメンバーであるSimon Cauchemez氏は、「たとえ再開されたとしても、過去に外出禁止令や監禁令が出されたような災害シナリオは回避されたようです」と分析しています。

効果的なワクチン

そして、もう一つのポジティブなポイントは、「ワクチン接種の有効性が確認された」と、ル・モンド紙が一面で発表していることです。

ワクチンを接種した50歳以上の人は、ワクチンを接種していない人に比べて、コヴィド-19による入院や死亡の可能性が9倍低い」と、フランス国立医薬品安全庁と国民健康保険基金の二重の監督下にある科学的利益団体であるEPI-Phareが昨日発表した2つの報告書の著者がまとめている。著者らは、フランスで使用されている、あるいは使用されたことのある3つの主要なワクチン、Pfizer社、Moderna社、AstraZeneca社の効果を分析しました。現実の環境では、これらの3つのワクチンは、非常に多くの人々に対して、同等の非常に高い有効性を示しています。EPI-Phareのディレクター、Mahmoud Zureik氏は、「これは、50歳以降のすべての年齢層に当てはまります」とまとめています。

そして、「前例のない事実」として、ル・モンド紙は、「これらの分析は、合計2260万人に対して行われた。これは、世界で最も多くの人が参加する、ワクチンの「実際の」効果を分析する疫学研究です。

そして、夕刊デイリーは、「フランスでのワクチン接種の有効性の程度を確認することは、未決定の人々の最後の広場を揺さぶることに成功するだろうか?

制約条件の緩和に向けて

このような状況下で、最もワクチン接種に消極的なフランス人にワクチン接種を勧めるために7月12日に設定された健康パスが徐々に放棄されていくことが考えられるだろうか」と疑問を投げかけている。(中略)今のところ、政府は慎重な姿勢をとっている。そのスポークスマンであるGabriel Attal氏は、「11月15日までにヘルスパスが軽くなることはない」と発表しています。

そして、「もうすぐマスクが外せるようになるのでは?ここでも注意が求められています…「科学評議会は、『個々のバリアー措置の明確な緩和』に直面して、警戒を呼びかけています。例えば、長距離の公共交通機関ではマスクを着用しないようにするなど、段階的に対策を講じていくことが考えられます。「なぜなら、ある専門家は『混血している人々は、流行が必ずしも同じ段階で減少していない異なる場所から来ている』と強調しています。

フランス2030:大規模な投資プログラム

また、今週の火曜日にエマニュエル・マクロン大統領が発表する「France 2030」プログラムも一面に掲載されています…

数百億ユーロの投資計画は、明日の産業部門を支援し、フランスを『独立』への道に戻すことになっている」とLibérationは述べている。要するに「未来のキャンペーンツール」。(中略)大統領は、フランスが「独立の道」を見つける必要性を称賛することになりますが、エリゼは健康危機から次の3つの教訓を導き出しました。私たちは、ウイルスが私たちのすべての業務を台無しにすることを経験しました。特定の分野における当社の依存度 そして、「イノベーションはすべてを変えることができる」という事実。特にどの分野を対象とするのか。自動車、原子力、航空、宇宙、健康、文化の各分野。

アトムの戦い…

大統領選挙に向けて、原子力はすでに多く語られている…「原子をめぐる戦いはすでに始まってい大統領選挙に向けて、原子力はすでに多く語られている…「原子をめぐる戦いはすでに始まっている」とLe Parisien紙は一面で叫んでいる。「候補者の中には、原子爆弾の使用に賛成か反対かという明確な立場をとる人が一日もいない。そのため、最高選挙を半年後に控えた今週の火曜日に、エマニュエル・マクロン氏が原子力に関する計画を発表する準備をしているのは偶然ではありません。Le Parisienによると、全体的なトーンは、原子への愛の宣言に似ているはずです。エリゼ宮では、国家元首が産業復興のために数十億ドルを投じることを発表する予定です。執行部はすでに、この加速を正当化するために、地球温暖化対策やエネルギーの独立を前面に打ち出している。その背景には、ガソリン価格の高騰があります。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!