目を失ったクマ、コスチュームジュエリーに含まれる重金属、フランスでは禁止されているビスフェノールをダミーに使用したものなど、これらのアイテムはすべてアメリカのEコマースプラットフォーム「Wish」で販売されています。Bercy氏は、これらの製品を違法と考えており、このプラットフォームがフランスの検索エンジンから消えることを望んでいます。フランスは、このサイトが消費者保護のルールを遵守していないとして、上場廃止を要求しています。

調査の結果、競争・消費・不正防止総局(DGCCRF)は、電気製品の90%に感電の危険性があること、コスチュームジュエリーの62%に重金属が含まれていること、玩具の45%に危険性があることなどが判明したため、140製品を注文しました。合計で60%の製品が不適合となり、そのうち32%が危険な状態でした。もちろん、実際には製造されていない製品に有名ブランドのロゴを使用するなど、欺瞞的なマーケティング活動も行われていました。

検索エンジンの消滅

このような数々の違反行為に直面し、Bercy社はフランスの検索エンジンからWishを削除することを決定しました。具体的には、ユーザーがブラウザの検索バーに商品名を入力して検索した場合、「Wish」は表示されなくなりますが、商品名を入力すれば「Wish」は表示されるようになります。この制裁は、Wishが遵守すれば解除される可能性があります。

Bruno Le Maire経済大臣は、日刊紙「Le Parisien」の取材に対し、「実店舗で受け入れられないことをオンラインで許容する理由はない」と述べました。一方、Wish社は声明の中で、「DGCCRFからの撤退要請には常に従っている」と弁明しています。また、「何度か対話を試みた」とした上で、「違法で不釣り合い」と考えられるこの行為に対して法的措置を取ることを示しました。

「誤解を招くような」値下げ

2010年に設立され、サンフランシスコに拠点を置くWishは、ContextLogic社が所有しています。約1億人のアクティブユーザーを擁し、2020年12月にウォールストリートに上場しました。同年11月、AFP通信によると、このプラットフォームは、「誤解を招くような」値下げを行ったり、実際には入手できない商品を販売したりしたとして、詐欺事件として当局に告発されていた。

https://www.rfi.fr/fr/économie/20211124-bercy-s-attaque-à-wish-plate-forme-de-e-commerce-qui-vend-des-produits-illicites-en-france