イーロン・マスクが70億ドルを調達し、Twitterを買収する。

イーロン・マスク氏は、Twitterの買収にさらに多くの投資家を参加させるべく交渉中であるという。そのうちの20人近くがポケットに手を入れ、著名なビジネスパーソンや、イーロン・マスクとそのリバタリアン精神が売り物にしている暗号通貨交換プラットフォームまでもが登場するのだ。今週、ソーシャルネットワークは、テスラとスペースXのCEOが提示した440億ドルという、ソーシャルネットワークにとって最大の金額での買収提案を受け入れました。

イーロン・マスク氏によると、最大の出資者であるサウジアラビアのアル=ワリード・ベン・タラル王子、IT大手オラクルの共同創業者ラリー・エリソン氏、中国の暗号通貨交換大手バイナンス(開発者チャオ・チャンペン氏所有)から総額70億ドル以上を拠出する予定だという。その他、新たに16社がブルーバードネットワークの買収を支援する。

サウジアラビアの王子は、20億ドル近くに相当する自身のTwitter株を公開する予定です。テスラの取締役を務めるラリー・エリソン氏は10億ドルを拠出する。Sequoia Capital、Vy Capital、Brookfieldなどの投資ファンドが合わせて20億ドルを出資する予定です。

調達した70億ドルで、イーロン・マスク氏がスタンレー・モルガンをはじめとする銀行から融資を受けている額や、テスラ株を売却するなどして投資した数十億ドルの現金が半分になる。

イーロン・マスクは、モデレーションのルールを緩和することでソーシャルネットワークを「自由な言論の場」にしたいと考えており、より少ない負債を引き受けるために他の投資家を探しており、数年後にTwitterを上場させることで投資家を呼び込むと約束している。

 

https://www.rfi.fr/fr/économie/20220506-elon-musk-lève-7-milliards-de-dollars-pour-racheter-twitter