ESA、ハイテクオーバーホールの後、パリの宇宙ステーションを再開

欧州宇宙機関(ESA)の改装された本社ビルは、5年間の改装の後、今週発足しました。

パリ15区に位置し、モダンなデザインと素材だけでなく、宇宙から派生した技術も使用しています。

ESAのエリック・モレル・デ・ウェストガーバーによると、1975年以来宇宙機関の本部を務めてきた建物を改装することが2018年に決定されました。

「これは、施設を将来に適合させ、ESAの加盟国と本部のニーズに応える準備ができているために行われた」と彼は言った。

彼は、新しいデザインを詳述し、最高の既存の基準を実施することにより、建物のエネルギー消費を削減するために特に注意が払われていると述べました。

「しかし、私たちはまた、それを水と肥料に変換するために、国際宇宙ステーションで使用されている尿のリサイクルなど、宇宙から技術を輸入しています。」

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20230403-esa-relaunches-paris-space-station-after-hi-tech-overhaul

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1690
Enable Notifications OK No thanks