原子力:フラマンビルEPRが再び遅延

フラマンヴィル(マンチェ県)に建設中の新世代の原子炉EPRは延期され続けている。年末に発売する予定でした。代わりに2023年半ばとなることを、EDFは2022年1月12日(水)に発表しました。

「Covid-19は、EDFによると、2012年に計画されたフラマンヴィルのEPRの何度目かの遅れに責任があり、その試運転は今から2023年の第2四半期に計画され、費用は127億ユーロと推定されています。

具体的には、燃料を工場に搬入するまでには、まだいくつかの段階を経なければならない。溶接の不具合は修正する必要があり、テストキャンペーンはまだこれからです。この夏、中国で起きたシナリオも明らかにする必要がある。台山原発にあるフランス設計のEPR2基のうち1基は、深刻ではないものの、厄介な漏えいトラブルが発生し、7月末に停止している。

EDFは、この不況の中で、フィンランドのオキリュオト原発の試運転が12年遅れで先月行われたという朗報を頼りにしており、これらの問題はEPRモデルを疑わせるものではない。したがって、現在世界では2基が稼働しており、特にエマニュエル・マクロン大統領がフランスでの新しい原子炉の建設を発表した後、さらに多くの原子炉が期待されている、とEDFは考えている。2035年頃の稼動を目指しています。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220112-nucléaire-l-epr-de-flamanville-à-nouveau-retardé