フランスは電気自動車用のバッテリーを作るために巨大な「ギガファクトリー」をオープンする

フランスは火曜日に最初の電気自動車バッテリー工場を正式に開設しました。この工場は、2030年までにフランス産業が数百万台の電気自動車を製造するという政府の計画の第一歩です。

6つのサッカー場の長さを測定し、フランス北部のビリー・ベルクラウとドゥーヴリンの町の間のいわゆる「ジガファクトリー」は、10年の終わりまでに年間50万個のバッテリーを供給することを目指しています。

フランスのエネルギー大手TotalEnergies、ドイツのメルセデスベンツ、米国とヨーロッパの自動車メーカーStelrantisのパートナーシップであるAutomotive Cells Companyが所有しており、Peugeot、Fiat、Chryslerなどのさまざまなブランドを生産しています。

工場は火曜日に、数人のフランスの大臣とドイツとイタリアの当局者が出席した式典で発足しました。

両国は、欧州連合で発表された約50の同様のプロジェクトのうちの2つである2025年までに独自のバッテリー工場を開設する予定です。

「バッテリーバレー」

フランスはまた、「バッテリーバレー」と呼ばれているオー・ド・フランスの同じ北部地域にさらに3つのバッテリー工場を建設する予定です。

1つはドゥエー市の近くにあり、他の2つはダンケルクにあります。

このプロジェクトが、Billy-Berclauのサイトで1,400人から2,000人を含む、今後数年間で約20,000人の新規雇用を創出することが期待されています。

しかし、この地域が現在生産している従来の自動車部品よりも、電気電池を製造するために必要な労働者が少なくなるという懸念を表明する人もいます。

グループが今後2年以内に閉鎖する予定のStelantisが所有する近くのエンジン工場の労働者は、火曜日の就任式に合わせて抗議を呼びかけた。

工場の1,200人の従業員のうち、新しいサイトで再雇用される予定のはわずか400人である、とCGT組合代表のFabrice JamartはRFIに語った。

「私たちはACC工場に反対しているのではなく、それはまだ仕事を意味するが、それらは余分な仕事でなければならない」と彼は言った。

2023年5月30日、フランス北部のビリー・ベルクラウ/ドゥーヴランにある電気バッテリーギガファクトリー。© パスカル・ロシニョール / ロイター
2023年5月30日、フランス北部のビリー・ベルクラウ/ドゥーヴランにある電気バッテリーギガファクトリー。© パスカル・ロシニョール / ロイター

「比率は確かに同じではない」と、切り替えた労働者の一人、ヴィンセント・バウチョットはRFIに語った。

「しかし、そうは言っても、私たちはこの地域でこの機会を持つことができて本当に幸運です…他の地域は私たちのようにギガファクトリーを持ちたいと思っているので、あなたはそれを取る必要があります。

私たちは2万以上の仕事に向かっており、あなたはあなたが得ることができるすべての仕事を引き受けます。

次のステップ:電気自動車

新しいサイトでの生産は夏から開始される予定です。

フランス政府は、EU全体で新しいガソリン車とディーゼル車の販売が禁止される5年前の2030年までに年間200万台の電気自動車を生産するという目標を設定しました。

フランスは2027年までに自社の自動車産業に十分なバッテリーを生産し、最終的には輸出国になることを目指しています。

このセクターは現在、エネルギーがヨーロッパよりもはるかに安い中国によって支配されています。

新しいギガファクトリーは、19万人の町と同じくらいの電力を消費すると予想されています。

https://www.rfi.fr/en/france/20230530-france-opens-huge-gigafactory-to-make-batteries-for-electric-cars

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1694
Enable Notifications OK No thanks