10月14日、パリで行われたNGO「Greenpeace」「Fondation Nicolas Hulot」「Oxfam」「Notre Affaire à Tous」のデモの様子。Alain Jocard AFP

温室効果ガス:裁判所がフランスに未達成の公約の履行を命令

10月14日(木)、行政司法は、地球温暖化対策のために温室効果ガスの排出量を削減するという未達成の公約を「修復」しなければならないと、この分野における政府に対する新たな決定を下しました。

パリ行政裁判所は、「世紀の事件」の旗の下に集まり、230万人以上の市民の請願に支えられ、2015年から2018年にかけての地球温暖化対策における国の欠点を指摘してもらうために2019年初めに提訴していた4つのNGOに有利な判決を下しました。

審査員は、「首相および主務大臣は、第1次炭素予算における温室効果ガス排出量の未補償分までの損害を修復するために、必要なすべての部門別措置を講じるよう命じられるべきである」と記した(2015-18年、目標に対する赤字は1,500万トンCO2換算で定量化されている)。

“政府の自由裁量”

この判決は、取るべき措置の選択を「政府の自由な評価」に委ねていますが、「この救済措置は遅くとも2022年12月31日までに有効でなければならない」と定め、スケジュールを設定しています。しかし、6ヶ月の遅延ごとに7,800万円の金銭的ペナルティを求めるNGOの要求は拒否しています。

2021年2月、裁判所はまず原告を支持する判決を下し、パリ協定やフランスが採用している「カーボンバジェット」に基づく自らの約束を果たせなかった国の「責任」を宣言しました。そして、裁判所に補償のためのこの差し止め命令を出すように求めました。

原告のNGOであるOxfamとGreenpeace Franceの代表であるCécile DuflotとJean-François Julliardは、「私たちは勝った」とツイートしました。 Notre Affaire à tousは、「指導者たちは、フランスの気候変動に関する公約を尊重する義務が生じた」と喜び、4番目の原告であるNicolas Hulot Foundationは、「フランスは、気候変動に関する不作為の結果を修復することを余儀なくされた」と述べています。

(with AFP)

シェアしよう!