フランス国立衛生局はリスクのある青少年にブースター投与を推奨している

フランスでは、2回目の注射から3ヶ月後にブースター投与を行う。これは、フランスで急速に拡大しているオミクロンの変種に対処するために、フランス国立衛生局が発表した新しい勧告の一つです。12月24日(金)に発表された最新の意見では、12歳から17歳の最もリスクの高い青少年に予防接種を行うことを支持する意見も出されています。

フランス政府は、まもなくフランスで主流となるオミクロンの変種に対する防御を強化するため、ブースターの投与期間を3カ月に短縮することを決定した。衛生局は、この勧告をワクチンの有効性の問題で正当化している。オミクロンに対しては、これまでのバリエーションよりも急激に減少する効果。

その中で、「34%」という数字が打ち出されました。これは、2回目の接種から4ヵ月後のオミクロンに対するファイザー社製ワクチンの効果です。これは、最初の2ヶ月間で80%であったことと比較すると、その差は歴然です。このブースター投与から2週間後に、ワクチンの効果が見事に上昇するという同じデータもあります。

保健省高官庁によると、この遅延時間の短縮は危険ではないとのことです。当局は、3ヵ月後にブースター投与を行った場合を含め、「良好な耐性」を確認した2つの研究に依拠しています。

この日のもう一つの勧告は、最もリスクの高い12歳から17歳、つまり免疫不全や併発症に罹患している人へのブースター投与です。子どもたちは、この提言に不安を感じています。

青少年のための一般的なブースターについては、現在のところ想定していません。しかし、その関連性を判断するための研究結果が待たれる。

成人のブースター接種については、当初予定していた1月3日からではなく、今後5ヶ月から4ヶ月に短縮されます。オリビエ・ヴェラン保健大臣が発表したところです。

メールマガジン購読

 

https://www.rfi.fr/fr/france/20211224-france-la-has-préconise-une-dose-de-rappel-pour-les-adolescents-à-risque

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 640