シンシス、プロテオのメカトロニクスプロテーゼ

医療機器の開発と設計を専門とするフランスの会社は、ほとんどの自然な脚の動きを再現できる最初の補綴物を発足したばかりです。それは、切断された下肢を持つ人々は、彼らが接近する土地の構成を心配することなく、彼らの動きの中でいくつかの自由を取り戻すことができます。

この「メカトロニック」人工脚、すなわち電子部品と純粋に機械的要素の両方を組み込んだもので、軽さの理由から、ガラスと炭素繊維で製造されました。プロテーゼは、下肢を切断した人々に膝t足首足のアセンブリを復元します。この脚は、マイクロプロセッサとコンピュータプログラムによって駆動され、階段を登ったり、斜面を降りたり、森の道を歩いたりするなどの歩行状況をインテリジェントに分析できます。

環境センサーを装備したプロテーゼは、着用者の歩行スタイルを自動的に認識し、あらゆる状況でより流動的でほぼ自然なアプローチを与えると、プロテオのデバイスの研究開発ディレクターであるニコラス・ピポニナウは言う。

「シンシスのプロテーゼは国防イノベーション庁のおかげで開発され、これは本質的に研究エコシステム全体を連合することができたものです。陸軍保健サービス、アンヴァリッドとジョルジュ・シャルパック人間バイオメカニクス研究所に依存する障害者装置の研究研究センターは、「ニコラ・ピポニナウに説明しています。

健康保険による補償に向けて

次に、彼は次のように付け加えます。「この補綴物は、いわゆる「マイクロプロセッサ」補綴のクラスにあります。つまり、彼はオンボードの電子機器と異なるセンサーを持っています:慣性中央、ストレスセンサー、角度センサー、さらに、人は膝をロックしたい、または逆に自転車に自由に乗りたい、彼はスマートフォンを介してモードを変更することができます。Synsysのユニークな点は、スクワットの動き、つまりしゃがむことができることです。ヒールの高さを変更できるので、女性はヒールを履くことができます。だから、私たちは靴の選択にもっと自由があります。」

デザイナーによってSynsysと呼ばれるプロテーゼはすでに販売されています。しかし、このハイテク機器は、将来の買い手が80,000ユーロ以上を支払う必要があります。しかし、プロトオール社は、その「バイオニック」の脚が健康保険による補償に向かっていることを保証します。フランスには、下肢または上肢を切断した約100〜15万人がいます。そして、これらの重い外科手術の80%は、血管疾患の合併症の結果として行われます。それらのほとんどは、糖尿病や喫煙者に関するものです。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/nouvelles-technologies/20230121-synsys-la-proth%C3%A8se-m%C3%A9catronique-de-prot%C3%A9or

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1745
Enable Notifications OK No thanks