ミッション・アルテミスI:欧州産業界への真の挑戦

安全性、推進力、航法、NASAとの通信など、欧州宇宙機関は8月29日に月へ向かうArtemis Iミッションのためのオリオンカプセルの離陸を前に、22日月曜日に最後のテストを実施した。欧州が宇宙機器の実力を示す機会となる。

1972年のアポロ計画以来、前例のない宇宙ミッションの装備をテストするための42日間の飛行、アメリカとヨーロッパの共同作業の結果です。欧州宇宙機関は、オリオンカプセルの主要なエネルギー源である欧州サービスモジュールをNASAに提供しました。

エアバス社の推進専門家であるアントワーヌ・アロアニ氏が説明するように、フランスの産業界にとって真の挑戦である。「私たち産業界にとって、品質レベルや信頼性の面で非常に厳しい国際的なパートナーである NASA と共に、有人飛行のミッションでここまでやるのは初めてのことなのです。」

アルテミスIIIが見えてきた

アルテミスIは、来週の飛行では宇宙飛行士が搭乗しないため、次の月の叙事詩のちょっとしたドレスリハーサルとなります。

「今回のフライトはテストフライトです」と、欧州宇宙機関のオリオンプロジェクト担当者であるフィリップ・デロー氏は説明する。カプセルの中には、実は3体のマネキンが入っています。1体目は加速度などを計算するための男性用マネキン、2体目は女性用マネキンです。”

早ければ2025年に予定されているアルテミスIIIミッションで、女性が月面に降り立つことを予感させるモデルだ。

https://www.rfi.fr/fr/science/20220825-mission-artémis-i-un-réel-enjeu-pour-l-industrie-européenne

メールマガジン購読
Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 821
Enable Notifications OK No thanks