フランスでオミクロンの波がなかなか引かないのはなぜですか?

フランスではCovid-19の感染が依然として非常に多く、先週は1日平均36万人の患者が発生し、その90%以上がOmicron変異体によるものです。政府の期待とは裏腹に、イル・ド・フランスなど一部の地域を除いて、全国的なピークにはまだ達していない。

科学委員会によると、フランスではオミクロンの出現以来、900万人から1400万人が感染している可能性があるという。オミクロンは、これまでに確認されたコロナウイルスの変種の中で最も感染力の強いウイルスです。また、別の亜種に感染した後やワクチン接種後に発達する免疫防御の一部を回避する能力も持っています。

ワクチン接種は、重症のコビドを防ぐにはまだ非常に有効ですが、オミクロン関連の感染や伝染を防ぐには、かなり効果が低くなります。その結果、国民の4分の3以上がワクチン接種を受けているフランスのように、高度に予防接種を受けた国民であっても、ウイルスが大量に蔓延する可能性があります。

新しい副変数

それを止めるために設置された堤防がほとんどないのだから、なおさらである。科学委員会によると、1月初めに学校が再開されたことが、ウイルスの循環を加速させた可能性があるとのことである。「若い人の間で激しく流通し、それが親にも広がっていく」と、同団体は先週の意見書で指摘している。

最後に、オミクロンの従兄弟で、やや感染力が強いと思われるBA.2が、最近、ヨーロッパのデンマークで検出され、多数派になっていることを指摘しておきたい。フランスでは、すでに顔を出しています。では、フランスでの波の引き際を遅らせることができるのか?これは当分の間、未解決の問題です。

https://www.rfi.fr/fr/science/20220125-comment-expliquer-que-la-vague-omicron-tarde-à-refluer-en-france

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 819
Enable Notifications OK No thanks