欧州でオンライン政治広告が規制される

欧州連合(EU)諸国では、選挙キャンペーンにおいてオンライン政治広告の重要性が高まっています。そのため、欧州委員会は、インターネットユーザーをターゲットにした技術の使用を制限することで、その流通を規制することを検討しています。

欧州連合(EU)加盟国では数年前から、政治広告のターゲティングは、個人の明確な同意がなければできないようになっています。しかし、一般データ保護規則(GDPR)に基づくこの事前承認は、SNS大手が設定した推薦アルゴリズムの使用により、ほとんど回避されています。これらの高度に効率化された自動化されたコンピュータシステムは、ユーザーのニュースフィード上での投稿の表示方法を調整し、事実上、政治的な広告メッセージを増幅させます。

このようなターゲティング技術が、欧州や世界の有権者の投票に影響を与える操作効果があることは、欧州委員会が懸念しているところです。”広告ターゲティングのアルゴリズムは非常に洗練されており、それを使って有権者に影響を与える個人は、その使い方を熟知しています。ビジネスリーダーや政治家の影響力戦略を専門とするエージェンシーMCBG Conseilの社長であるPhilippe Moreau-Chevrolet氏は、「しかし、欧州委員会は、ネットワーク上での政治広告の規制を検討するには、これらのデジタルツールについてまだ完全には理解していないと思います」と述べています。さらに、ソーシャル・プラットフォームの協力を得なければ、何もできません。フランスにおけるオンライン政治広告の費用は、有権者1人あたり約1ユーロで、他国と比較してもそれほど多くはありません。

外国国家の脅威

一方で、私が本当に問題だと思うのは、このお金が投票の真偽を変えるために使われることです。特に、この分野を専門とする外国の国家や、フランスの政党でさえ、有権者の投票に影響を与えるために広告のターゲティング技術を利用し、収益化しています」と専門家は付け加える。しかし、私は、少なくとも量的には、オンライン政治広告の使用を制限すべきではないと考えています。むしろ、なぜ選挙戦でソーシャルネットワークが悪用されることがあるのかを理解することが、今後の対策につながるのではないでしょうか。

欧州委員会は、これらの広告の作成者に対し、「目立つ位置に表示されたスポンサーや広告主の名前」を記載すること、広告に費やされた金額、使用された資金の出所、出版物が特定の選挙に関連していることを示す表示を含む「容易にアクセス可能な透明性に関する通知」を掲示することを求める。民族的出身、宗教的信条、性的指向などのセンシティブな情報を含む広告は禁止されます。欧州委員会は加盟国に対し、新ルールに従わないプラットフォームや広告主に対して、十分に説得力のある制裁金を規定するよう求めている。

ただし、2024年に実施される次回の欧州選挙に間に合わせるためには、欧州議会と加盟国理事会が法案を通過させる必要があります。これは、政治広告の究極の戦いと、ソーシャルネットワーク上での選挙の影響力の戦いがほぼ始まったフランス大統領選挙の後です。

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 823
Enable Notifications OK No thanks