15年前、スティーブ・ジョブズはキーボードフォンを後回しにした

2007年1月9日、アップル社のスティーブ・ジョブズCEOは、iPhoneを発表した。クパチーノ社の将来のベストセラーとなる最初のモデルの登場は、当時の巨艦に挑戦することになる。適応できない業界人にとって、アップルのスマートフォンの発売は致命的なものになるだろう。

アップルの独立系コンサルタントであるギョーム・ジェトが初めてiPhoneを見たとき、他の人と同じように信じられなかった。「2007年1月にiPhoneの発表会があったとき、誰も信じなかった、あまりにも素晴らしいものに思えたからだ」。しかし、数ヵ月後、私たちが手にしたものは、欠陥だらけのコンセプトではなく、機能的なものだったのです。しかも、それは業界では珍しいことです。

15年前の2007年1月9日、スティーブ・ジョブズがiPhoneを発表したとき、その対象は競合を震撼させるものではありませんでした。当時、携帯電話の巨匠といえば、ノキア、モトローラ、ブラックベリーと言われていた。これらのメーカーはビジネス志向のメーカーで、プロユースに最適化された携帯電話でした。”ブラックベリー “は、3Gに接続してメールを書くことができるフルキーボードの携帯電話で、市場を席巻しました…。誰もが職場でブラックベリーを使いたがった。モトローラ社の「Razr」のようなフリップフォンはまだあった。その他にも、今はあまり聞かない会社がたくさんあります」とギヨーム・ジェトは微笑んだ。

ソフトウェアとハードウェア

しかし、iPhoneの発表は、ブラックベリー社からノキア社まで、マイクロソフト社を含む同業他社を笑わせた。「当時マイクロソフト社の社長だったスティーブ・バルマー氏は、会社のための機能を備えていない500ドルの携帯電話は馬鹿げていると考えていた。しかし、最初から津波のように押し寄せてきたわけではなく、少しずつAppleはエンタープライズ向けの機能を追加していき、どんどんシェアを奪っていったのです。”

これは、Appleの最大の強みである、時間をかけて選択する権利を留保し、柔軟性を目指すということです。iPhoneを発表したとき、スティーブ・ジョブズはきれいな死骸を見せただけではありません。本機を動かすOSは、Mac用に開発されたソフトウェアをベースに、スマートフォンのフォーマットに合わせたオーバーレイを施した「iPhone OS」(将来のIOS)です。「iPhoneの成功は、一方がハードウェア、もう一方がソフトウェアではなく、ソフトウェアとハードウェアが組み合わさって、真に革新的な製品を作り上げたという事実で説明できる」とギヨーム・ジェトは総括しています。

2007年1月9日(火)、サンフランシスコで開催されたMacWorld Conference & Expoでの基調講演で、iPhoneのソフトウェアコンテンツを紹介するアップル社のスティーブ・ジョブズCEO。associated press – paul sakuma

アップルの哲学こそが、アップルを成功に導き、適応できなかった人たちを傍観者にしてしまうのです。ソフトウエアに強いグーグルを除けば、ハードウエアとソフトウエアの両方に十分な投資をする手段、時間、意欲を持った競合他社はいなかったのである。iPhone 4のようなプロセッサから端末、ソフトウェアまで、最終製品のすべての構成要素に手を入れることで、Appleは均質でアップグレード可能な製品を保証しているのです。初代iPhoneは完璧ではなく、当時は3Gでもなく、隙間もあったが、アップグレードや新モデルによって少しずつ埋めていった」とギヨーム・ジェトは考える。一方、競合他社は、アップデートされていない、少なくともiPhoneほどではない製品を販売していたため、オリジナルバージョンにこだわっていたのです。直したが、改善されなかった。一方、iPhone 2Gは、1年後のiPhone 3Gと同じように、ソフトウェアの改良の恩恵を受けることができます。

Appleが500ドルのiPhoneでターゲットにしたのは、当時の巨人のプレミアム商品ターゲット層とは正反対でもあった。誰もがビジネス向けの高級スマートフォンを開発する中、アップルは一般ユーザー向けに楽しいアプリケーションや基本機能を開発し、アップデートや新バージョンによってビジネス向けにも展開していこうとしていました。リスクの高い方法ですが、長い目で見れば報われることでしょう。

メールマガジン購読

タッチスクリーン、クーデター

OSに加え、2007年以前の携帯電話の世界を決定的に葬り去るのは、iPhoneのタッチスクリーンである。インターネットに接続され、タッチセンサーを搭載した史上初のスマートフォンは、1992年のIBM Simon…でした。しかし、タッチパネルは真のイノベーションというよりギミックであり、2007年1月まで棚上げにされた。「今でこそ当たり前のことですが、当時は2本の指を離して画像を拡大するだけでも画期的でした」とギヨーム・ジェトは振り返る。

2010年8月5日、インドのアーメダバードでBlackBerryを使用する男性の写真(ファイル)。ASSOCIATED PRESS – Ajit Solanki

サムスンやグーグルなど、いくつかの企業がこの流れを察知し、追随しています。2008年に初めて競合するタッチスクリーンが登場しました。BlackBerryはBlackBerry Stormでそれに挑戦したが、遅すぎた。Appleはすでに多くのメーカーが追いつくことが不可能なほど技術的にリードしていたのである。iPhone 3Gは、3Gやコピー&ペーストの統合など、すでに前モデルの欠点を修正しており、ランドスケープモードなどの新機能も開発中です。BlackBerryと同じように、Nokiaは何度も市場復帰を試みましたが成功せず、Sony Ericssonは脱落…そして、iPhone発売当時はライバルだったとはいえ、Palmフォンを覚えている人は今だにいないでしょう?

偶然にも、iPhoneが15歳の誕生日を迎える5日前の1月4日、ブラックベリーはBlackBerry OSの稼働を停止し、現在流通している携帯電話の多くが旧式となった。2009年に20%のシェアを誇っていたBlackBerryは、現在ではほとんどスマートフォンを販売していません。一方、iPhoneは以前よりも競争が激しくなっているにもかかわらず、15%のシェアを誇っています。

結局、サムスンだけがスマートフォンの論理に素早く適応することができた。今日、韓国企業が市場をリードしているのは、2007年にアップルが提供したインスピレーションに負うところが大きい。グーグルは、アンドロイドOSを買収し、開発することで、15年後には20億台以上の携帯電話を同じソフトウェア基盤の下に統一することになります。多くのメーカーは、製造コストが爆発的に上昇するネイティブOSの開発コストを避けるために、Androidを利用するでしょう・・・その結果、iPhoneに対して脆弱でない競合他社の出現を可能にします。すでに2010年には、ファーウェイという某メーカーがフランスで初めてスマートフォンを発売しています。

 

https://www.rfi.fr/fr/technologies/20220109-il-y-a-quinze-ans-steve-jobs-mettait-les-téléphones-à-clavier-sur-la-touche

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 881
Enable Notifications OK No thanks