Wandercraft

外骨格の拡大を目指すスタートアップ、Wandercraft社

エマニュエル・マクロン氏は、2030年までにフランスの産業・企業を振興する計画を発表しました。その中でも、「ディープテック」と呼ばれる分野の人々。これらのスタートアップ企業は、外骨格を販売するWandercraft社のように、21世紀の課題に対して破壊的なソリューションを提供しています。この技術革新は、歩くことができなくなった患者さんにとっての希望となります。パリの中心部にある同社の敷地内をレポートします。

奇跡と言っても過言ではありません。10年間下半身不随だったKévin Pietが立ち上がって歩く。しかし、この奇跡は技術的なものです。立つことができるのは、外骨格のおかげです。この外部システムは、生体力学的または電動式で、ユーザーに物理的な支援を提供します。Kévin Piet氏のように移動に問題を抱えている人や、身体に大きな負荷がかかる従業員などが使用することができます。

黒い機械とKévin Pietは同じものです。胴体、脚、足はストラップで固定されています。そしてそれは、彼の形態に応じて、彼を前進させるためのアルゴリズムなのです。彼はWandercraft社で働いており、定期的にデバイスをテストしています。

体幹の筋肉が鍛えられるというメリットしかありませんでした」と彼は言います。車椅子の方が楽で、背筋が伸びて、猫背にならなくて……それに実は、立っていることで筋肉が伸びていることに気づいて、治療を減らしたんです。

まだ広く使われていないツール

今のところ、この外骨格は病院でしか使われていません。クレテイユのアンリ・モンドール大学病院にもあります。「長い間、寝たきりだった患者さんがすぐに立ち上がれるようになり、何よりも歩く訓練ができるようになります」とリハビリテーション科の医師であるキャロライン・コラス氏は語る。

マチュー・ヴァセリンが社長を務めています。このツールのアイデアは、「21世紀になって、ロケットを宇宙に送り出す時代に、もう一度立ち上がろうとする人たちにソリューションを提供できないのは、普通ではない」という不公平感から生まれました。

今のところ、年に10モデルを生産しています。数年後には4倍の生産量を目指している。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!