歴史的城塞都市カルカソンヌ

Carcassonne is the capital of the Aude department in the Languedoc region of Occitanie in southern France. During the Roman period, the foundation of the city’s urban functions was formed by fortifications, and in the Middle Ages, another layer of fortifications was built further outward. With this double fortified hilltop citadel, Cité, as its core, and the lower town that developed across the river Eudes, the two-tiered area was combined to develop the oldest fortified city in Europe.

The citadel covering the Cité was restored in the 19th century by architect Eugène-Emmanuel Viollet-le-Duc, and the Cité was registered as a UNESCO World Heritage Site in 1997 under the name “Historic Fortified City of Carcassonne.

Carcassonne is also said to be the model for the setting of the anime “March of the Giants. The landscape of Carcassonne, a fortified city surrounded by two solid walls, is reminiscent of Wall Maria and Wall Rose in “The Clash of the Titans,” and there are rumors that Carcassonne may be the model stage for the anime.

Carcassonne continues to attract visitors with its history and beautiful scenery.

カルカソンヌは、フランス南部のオクシタニー地域圏ラングドック地方に位置するオード県の県庁所在地です。古代ローマ時代には要塞に囲まれた都市機能の基盤が形成され、中世にはさらに外側にもう一重の要塞が建設されました。この二重の防備が施された丘の上の城塞都市であるシテを核として、オード川をはさんで展開した下街との二層の区域が合わさって発展した欧州最古の城塞都市である。

シテを覆う城塞は19世紀に建築家のウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクにより修復されており、シテは「歴史的城塞都市カルカソンヌ」の名で1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。

また、カルカソンヌはアニメ「進撃の巨人」の舞台のモデルとも言われています。堅固な二重の城壁に囲まれた城塞都市カルカソンヌの景観は、『進撃の巨人』のウォールマリア、ウォールロゼが連想され、カルカソンヌがモデル舞台ではないかという噂が存在します。

カルカソンヌはその歴史と美しい景観で訪れる人々を魅了し続けています。

Download on the App Store

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks