フランスは世界有位の観光地としてポールポジションを維持している

世界旅行観光評議会の最新データによると、フランスは2024年に世界で最も好ましい国際目的地としての地位を維持する予定です。

世界旅行観光評議会(WTTC)とそのデータ収集のパートナーであるForwardKeysの調査は、今後12ヶ月間のフランスのインバウンド旅行の前向きな軌道を示しており、到着は今年パンデミック前のレベルに近づくと予想されています。

パリ北部のシャンティリーでの最近のデスティネーション・フランスのイベントで発表されたフライト予約の数字は、観光フェアで参加者によって祝われました。

WTTCの社長兼CEOであるジュリア・シンプソンは、旅行と観光が経済にもたらす経済的および文化的価値、特に雇用創出とGDPへの貢献の観点から、フランスの努力を称賛した。

パンデミック前のレベルに戻る観光

観光産業のオブザーバーは、フランスの成功は、Covid-19のパンデミックを受けて、民間部門、政府、地域当局間の積極的かつ効果的な協力によるものだと考えている。

分析によると、2024年上半期のフランスへの国際到着は2019年の同時期の93%であり、世界で最も人気のある目的地としてのフランスの支配的な地位を固めている。

最新の到着の急増はまた、このセクターに非常に必要な後押しを提供しており、ピーク時にはフランスの国民経済に約2,200億ユーロを貢献し、直接的および間接的に約270万人の雇用を支えました。

WTTCはまた、「政府の揺るぎない努力」と呼ぶものと、マクロン大統領がセクターの真の価値を認識していることを称賛している。

調査によると、航空会社は需要の高まりに対応しており、パリが2023年のラグビーワールドカップと今後の2024年のパリオリンピックの成功中に強調されました。

乗客数の増加は、パリ南部のオルリー空港が主導し、28%の増加を経験していますが、シャルル・ド・ゴールは依然としてフランスで最も忙しい空港であり、2024年の最初の6ヶ月間に最大1,850万人の乗客がゲートを通過すると予想されています。これは2019年のレベルをわずか3%下回っています。

雇用機会

パリは世界で最も人気のある都市の目的地であり続けていますが、ニースを含む他のフランスの都市は人気が高まっており、コートダジュールの首都はパンデミック前の国際到着の94%に達すると予想されています。

さらに、フランスへの旅行者は国内でより多くのお金を費やしており、プレミアムキャビンの予約はパンデミック前のレベルと比較して21%急増しています。

今後10年間で、フランスの旅行・観光部門は年間平均3%成長し、推定555,000人の雇用を創出し、毎年平均約56,000人の新規雇用を生み出しています。

これは、2033年までに観光部門の驚異的な330万人の従業員を表しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20240115-france-retains-pole-position-as-the-world-s-top-tourist-destination

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1530
Enable Notifications OK No thanks