ラスコー洞窟

ラスコーの発見は、第二次世界大戦中という複雑な時期に若者たちによって行われました。科学者ではなく、”Descoureurs”と呼ばれる4人の10代の若者たちが偶然にも約2万年前の絵画を公開したのです。

1960年、フランス政府はクレヒストリーのシスティーナ礼拝堂とも呼ばれるこの宝石を保存するために閉館を決定し、同時に複製品の製作を許可しました。こうしてラスコー IIが誕生し、40年前に世界初のファシネーターとして扉を開きました。

国際洞窟芸術センターラスコー 4は、2016年に開館し、訪問者に8,000平方メートル以上の体験を提供しています。ツアーやデジタルタブレットを使用した自由な探索など、様々な展示エリアがあります。40万人以上が訪れ、20%は親子連れです。今年からは新しいプライベート・ツアーも始まり、親密な雰囲気でラスコーを発見できます。ツアーの後は、ミシュランの星を獲得したシェフ、パスカル・ロンバールが提供するグルメディナーを楽しんでください。

ラスコーを訪れることは、祖先とのつながりを感じ、芸術の不滅の痕跡をたたえることです。時間を超えて、人類にとって芸術はその存在を示す手段であることを思い出させる魅惑的な場所です。

 

フランス人の行く観光地ヌーヴェル・アキテーヌ2024最新情報

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks