ナント

ナントは、フランス西部のロワール川河畔に位置する歴史的な都市で、かつては商業や造船業で栄えました。現在は、芸術・文化の町として知られ、フランス人が選ぶ「最も住みたい町」で上位に位置している街にもなっています。

観光スポットとしては、以下のような場所が人気です:

  • ブルターニュ公爵城:15世紀に築城された花崗岩と石灰石でできた白亜の城で、現在はナント歴史博物館として利用されています。
  • レ・マシーン・ド・リル:機械仕掛けの象のマシーンで有名なアミューズメントパークで、さまざまな生き物をかたどった機械じかけのアトラクションに乗ったり、アート作品を楽しめます。
  • サン・ピエール・サン・ポール大聖堂:ゴシック様式で造られた壮麗な教会で、一見の価値があります。

主にシーフードと季節の地元の食材に焦点を当てた美しい美食ライフスタイル
ブルターニュの歴史的首都でパリからわずか2時間です
すでにフランスを知っていて、ちょっと新しいことを探している分野には理想的です。
アナンはかつて造船所の街でした。
1920年代に街は大きく変化し、ナントが一部、ルートを変更したため、ナントでは海事生活を含む遺産の大部分を失ってしまったのです。

そして、1987年に造船所を失ったことで、ナントには多くの空き地ができ、
それを改修する必要がありました。
そして、1980年代の終わりから、文化と環境への投資を決意した新しい市長ができたのは幸運でした。
ジャン・ブレーズという紳士が同行してくれて、ナント・トゥデイへの旅のディレクターも務めています。

それでも脚とか、彼のアイディアとか、すごく先見の明があって、アーティストを招くことだったんだ
そして、これらのアーティストたちが、都市のイメージを変えるようなプロジェクトや作品を発展させていくことを目指しています。
当初は、彼らが所有権を取り戻すのを本当に助けることでした。

市内中心部にある素晴らしい城で、残念ながら長い間建設中でした。
城がオープンすると、ナントの街の歴史を伝える博物館がオープンしました。

アーティストはすでにアナンにやってきていますが、ロワール河口沿いのサンナゼールにもやって来ています。
公共の場で作品や芸術作品を制作する人。
そしてそれが今の私たちの哲学の原点です
つまり、街をアートで変えていくということです。

彼はインスタレーションを制作し、夏の終わりには一部のインスタレーションが常設されます。
そこで、パーマネントトラベルと呼ばれるものを作りました
アートコレクションです。
今日、ナント市には120以上の作品があります。

だから、観光客はそこが特別な街だとは思わないんだ。だってそういうことを全部自分で管理しなきゃいけないから。
観光とたくさんの文化を同時に扱う組織。
そして、文化と観光の融合に成功したフランスで唯一の都市です。

Antenne France
Antenne France
記事本文: 873
Enable Notifications OK No thanks