「プチ・ニコラ」の漫画家、ジャン=ジャック・サンペ氏が死去、89歳

フランスの漫画家ジャン=ジャック・サンペが8月11日(木)に89歳で死去したと、妻のマルティーヌ・ゴシオ・サンペがAgence France-Presseに語った。プチ・ニコラの冒険の挿絵や、ユーモラスな報道漫画で知られる。

関連記事:プランチュ:センペは「漫画家にとって参考となる存在だった」

「ユーモア漫画家ジャン=ジャック・サンペは、89歳の木曜日の夜、妻と親しい友人に囲まれた別荘で静かに息を引き取りました」と、彼の伝記作家で友人のマルク・ルカルペンティエはAFPに声明を発表しました。

1950年代から今日に至るまで、『ニューヨーカー』『パリ・マッチ』『エクスプレス』誌のドローイングから、現在約1500万部を売り上げた『プチ・ニコラ』のアルバムまで、ユーモアにあふれた作品を発表し続けているフランスの巨匠、サンペー。

殴られ、どもり、天真爛漫な子供だったサンペは、1950年代の理想的なフランスでルネ・ゴシニー(『アステリックス』の父の一人)と一緒に育った主人公ニコラの子供時代を、実際には経験していないのだ。1932年、ボルドー近郊のペサックに配達人の息子として生まれ、自身も自転車で配達人になり、16歳でボルドーの大商人にワインのサンプルを配り始めた。センペ自身は自分を模範的な社員とは言っていなかったので、学校を中退し、仕事がない17歳の時、漫画家として成功する前に、まず論文に年齢を偽って入隊したのである。

“私はキャラクターと親しい、彼らは私に似ている”。

ジャン=ジャック・サンペは、そのキャリアにおいて、合計12枚のアルバムを発表しています。1950年に最初のイラストをSud-Ouest社に売り込み、「DRO」(英語の「to draw」から)のサインを入れた。1959年にルネ・ゴシニーと作った「プチ・ニコラ」以来、ジャン=ジャック・サンペはほぼ年に1枚のペースでアルバムを発表し、約100の新聞の一面にサインするなど、控えめな表現を得意としている。

当時、私はベルギーの新聞で子供を題材にした漫画を描いていました。そしてある日、「名前を見つけなければならない」と言われたのです。よくわからなかったんです。そして、ニコラワインの広告を掲げたバスが通り過ぎた。

音楽家、日曜画家、大作家、神話に登場するボス、蝶の収集家…。サンペのヒーローは、赤面症の少年マルセラン・カイリューや、肩幅が狭く、口数の多いサラリーマン、ムッシュー・ランバートといった小人物たちだ。その素直さが嘲笑を買うこともない。”私はユーモア派なので、描く人間性から自分を排除することはありません “と告白した漫画家の言葉は、端正で希薄だ。”私はキャラクターと親密であり、彼らは私の仲間です。彼らをバカにすることで、自分もバカにされる。

メールマガジン購読

自然の中での人間の小ささ、都会での孤独、争い、滑稽さ、過剰な野心、チームスピリットの限界など、サンペの作品にはいずれも彼の好んだテーマが見て取れる。

https://www.rfi.fr/fr/en-bref/20220811-jean-jacques-sempé-dessinateur-du-petit-nicolas-est-mort-à-89-ans

Antenne France
Antenne France
Articles: 730
Enable Notifications OK No thanks