肉々しい議論。フランスの裁判所、ラベルに関する訴訟で野菜部門を支持

フランスの裁判所は、植物から作られた製品を表現するために肉に関連する用語の使用を禁止する政府の入札を延期し、ベジタリアン・ステーキは引き続きそのように表示することができる。

この禁止令は、フランスの食肉・家畜団体による長期にわたるキャンペーンを受け、10月1日に施行される予定であったが、同国の食品・飲料の名称に関する有名な潔癖性の規約を守ることを目的としていた。

政府は、ソーセージ、ラルドン、餃子、カルパッチョなどの名称は肉製品に限定すべきであるとした。

しかし、水曜日、国家評議会の行政裁判所は、植物性タンパク質部門を代表する組織であるプロテイン・フランスに同意した。

法律のスピードと範囲に対する懸念が認められ、一時停止が認められました。

関連記事:フランス、ベジタリアン向け肉に「ステーキ」「ソーセージ」の表示を禁止

同団体の弁護士は、フランスの通信社AFPに対し、「政府はこの問題に関して再編成しなければならないことに安堵しているが、さらなる法的措置には “慎重 “である」と述べている。

メールマガジン購読

原産地に関する問題

ギヨーム・ハノタン氏は、「野菜製品を辞書の分野から除外することは不可能であるという我々の主張を国務院が認めた」と述べた。

例えば、「ステーキ」は英語で「スライス」を意味し、「カルパッチョ」はイタリア・ルネッサンス期の画家が赤を使ったことで有名なことから名づけられたという。

2020年10月、欧州議会は、動物性乳製品を含まない製品に「ヨーグルト」「クリーム」「チーズ」といった言葉を適用する場合を除き、植物性製品への動物由来用語の使用を禁止する動きを否決した。

フランスは6月に法令を発表し、EUで唯一、この決定に反対した国となった。

(ニュースワイヤー)

 

https://www.rfi.fr/en/france/20220728-meaty-argument-french-court-sides-with-vegetable-sector-in-label-case

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 886
Enable Notifications OK No thanks