フランス、ベジタリアン向け肉に「ステーキ」「ソーセージ」の表示を禁止

フランスは、ますます人気の代替肉に対抗するため、ベジタリアンの植物性タンパク質食品を「ステーキ」や「ソーセージ」と表記することを禁止する最初のEU諸国になる予定である。

この禁止令は木曜日に公布され、10月から施行される予定だ。

「伝統的に肉や魚に関連する分野の用語を、動物界に属さない製品を示すために使用することは、もはや不可能となる」と、法令には書かれている。

植物性代替肉の市場が急成長する中、食肉業界はこの法令を強く待ち望んでいた。

この措置は、「消費者に対する情報の透明性を高め、我々の製品やノウハウを保護するために不可欠なステップである」と、Interbev食肉産業協会のジャン・フランソワ・ギハール代表は述べている。

輸入に影響なし

農家からの要請で2020年に合意されたこの禁止令は、フランス国内で生産された製品には適用されるが、欧州の貿易相手国で生産された製品には適用されない。

メールマガジン購読

フランス最大の農業組合FNSEAは、輸入品に門戸を開いていると述べ、パリがブリュッセルでこの問題を推進し、「欧州レベルで」同様の法律が制定されるよう呼びかけた。

「培養肉」をメニューに載せようとする科学者の動きを見て、農家は憤慨する

 

に似た植物性食品は、肉類を減らすなど健康的な食事への傾向を利用しようとするグローバルな農業食品グループから大きな投資を集めている。

食肉代替物を専門とする科学者と健康専門家の団体であるONAVは、この措置は明らかに食肉産業の経済的利益を保護するために作られたものであると述べた。

この措置は、フランスにおいて、気候変動に大きな影響を与える食肉に代わる、より持続可能で健康的な野菜ベースの食品への移行を阻害する危険性があると述べている。

EUのベジバーガー

Interbevは、「フランス領土、その名前の保護におけるパイオニア、欧州レベルで拡張されるべき最初のステップ」として規定を説明した。

バター」「ミルク」「チーズ」といった用語はすでに欧州レベルで保護されており、野菜を使った製品にヨーグルトやチーズを使うことは禁止されている。

しかし、肉の代替品が模倣した製品の名称を使うことは禁止されていない。

ベジタリアンやビーガンの肉類似食品の市場は、気候変動、動物福祉、栄養への懸念から、近年急成長している。

健康的な食生活のトレンドに乗じようとするグローバルな農業食品グループからの大規模な投資を引きつけている。

エンジェル投資家、ベンチャーキャピタル、カーギル、ダノン、ネスレなどの大手農業食品会社による投資の増加により、年間19%の成長率を記録しています。

https://www.rfi.fr/en/france/20220701-france-bans-steak-and-sausage-labels-on-plant-based-meat-products

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 883
Enable Notifications OK No thanks