今年は、首都圏の1,107人のパン職人のうち、170人の候補者が参加しました。(イラスト) AFP - CHRISTOPHE ARCHAMBAULT

チュニジアのパン職人が受賞したパリのベストバゲット賞

パリで一番おいしいバゲットが、ルイィ通り54番地で買えるようになりました。パンを愛するプロやパリジャンで構成された審査員は、19年前にフランスに渡ったチュニジア人のMakram Akrout氏に最優秀伝統的バゲット賞を授与しました。1994年からパリ市議会が主催しているこのコンクールで、彼は努力と根性で1位を獲得しました。

「パリで一番おいしいバゲット」賞の受賞者は、賞の規定により、1年間エリゼ宮に納品しないことになっています。勝利の数日後、42歳のパン職人は、2019年から2020年にかけて、自分のFacebookアカウントで、フランスに対する、しかし他のインターネットユーザーによって書かれた「憎悪に満ちたメッセージ」を中継した疑いが持たれています。

パリのパン職人組合の会長であるフランク・トマセ氏は、「非常に優れたプロ」である彼が「後悔」している「ミス」について語っています。「弁護士のSylvia Lasfargeas氏は、「多くのインターネットユーザーと同様に、彼も過去にソーシャルネットワークで公開されたコンテンツを、その内容を完全に理解せずに共有していたかもしれません。また、依頼人にとっては、「自分のFacebookアカウントで共有されたコンテンツに、フランスとその国民に対する憎悪に満ちた意見が含まれていたかもしれないという事実は、すぐに理解できず、自分のアカウントがハッキングされたのではないかと思うほどの驚きをもたらした」と述べています。

弁護士は「パン屋さんは、自分が被害者となったヘイトメッセージの流出に深く心を痛めています」と語っています。Makram Akrout氏は、Facebookのアカウントを閉鎖しました。

パリ市議会は10月1日(金)のAFP通信に対し、「捜査が行われているかどうか、告発された紳士に前例がないかどうかを調べるために」警察庁に連絡したと述べました。 エマニュエル・グレゴワール副市長は、「今のところ、いくつかの告発の信憑性を立証するものは何もない」と述べています。

[rfi] https://www.rfi.fr/fr/france/20211014-france-la-hausse-des-prix-du-carburant-tend-les-usagers-et-le-gouvernement
シェアしよう!