バニラがこうして生きているすべての魂を誘惑するのは、この花に何か魔法がかかっているに違いない。何世紀も前にメキシコのベラクルス州のトルテカ族によって発見されたこの野生植物(彼らは生のフルボディのカカオに少し甘みを加えるためにこれを利用した)は、ヨーロッパへの最初の旅と啓示の後3世紀以上もその栽培の秘密を守ってきました。ポッドを得るために、花は受粉しなければならず、この贈り物を自然に与えるために、有名な蜂を取り替えなければならなかったのです。

バニラはマダガスカル、レユニオン島、タヒチ、ウガンダ、ニューカレドニア、コモロ、トンガなどに渡ったが、生きた農産物原料なので量を栽培できず、収穫したサヤは宝物である。ブドウの木が根付く土がその個性を与え、それを蒸し、天日で乾かし、手入れをする人の手が、その香りと味を明らかにするのです。

甘く香ばしいバニラは、まるで香水に使われる花のように、砂糖やクリーム、バター、脂肪にその香りと風味をまとわせます。魚やロブスター、ホタテと結婚しても驚きますし、何十年もの間、世界中の子供たち、そしてその前の世代の親たちの心を溶かしてきたのです。

繊細で驚きのある、包み込むようなバニラは、ゲストであるパティシエのルイス・ロブレボ・リチャーズ氏の人生を変えました。「初めてベラクルス産の本物のバニラを食べたとき、それは爆発的に広がりました 天啓を受けた!?15歳だった私は、ビフォーアフターがあったと言えるでしょう。

左から、Que GustoフェスティバルディレクターのXimena Velasco氏、パティシエのLuis Robledo Richards氏、Goût du MondeのClémence Denavit氏。RFI/セシル・ボニチ

ルイス・ロブレド・リチャーズは、パティスリーとチョコレートの店「トゥー・ショコラ」を設立。メキシコシティーに3店舗を構え、「ラルース・デル・チョコレート」の著者でもある。Ximena Velascoは、Que Gustoフェスティバルのディレクターです。第8回目となる今回は、2022年6月11日(土)から6月19日(日)まで開催されます。

この番組では、レユニオン島とブラス・バノンのコミューンに移動し、レユニオン島のプロバニール協同組合のコミュニケーション・ディレクター、エマニュエル・エタールから、バニラの花の受粉の伝統について説明を受けます。

レポート in パリのエピスリー、51 rue sainte Anneにある食料品店「Roellinger」のバニラセラーです。ヨーロッパで唯一とは言わないまでも、希少なバニラセラーの一つである。さまざまなバニラを発見し、この特別なランの文化について学ぶことができます。セラーを見学することができます。スパイス・ロエリンガーとタクソン・バニーユ。

Clémence Denavitによるレポート、Romain Cœurのガイド付き。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/le-goût-du-monde/20220611-vanilles

フランスのペストリー

マヨット島:香水の島における農業の挑戦

Default image
Antenne France
Articles: 652