マヨット島:香水の島における農業の挑戦

モザンビークとマダガスカルの間に位置するインド洋の小島、マヨット島。

マヨット島はコモロ諸島の一部で、2014年からEUの「最外縁地域」になっています。

そのため、共通農業政策の恩恵を受けている。50年間で人口が10倍になったこの島にとって、これは大きな財政的な恩恵だ。

人口27万人、その半数以上が18歳未満である。限られた農地面積で、より多く、より良いものを生産するためにはどうしたらいいか。イゴール・ストラウスは、バニラとイランイランの香りがするマヨット島へ取材に行きました。

https://www.rfi.fr/fr/emission/20190627-mayotte-agriculture-defis-agricoles-ile-parfums-vanille

このプログラムは、欧州委員会の農業・農村開発総局の支援を受けて制作されました。本書は著者の見解のみを反映したものであり、そこに含まれる情報のいかなる利用に対しても、欧州委員会は責任を負うものではありません。

イランイランの花 © RFI/Igor Strauss
Default image
Antenne France
Articles: 652