水素、未来のエネルギー?

それは多くの資質を持つ燃料です:水素。使用中に汚染しません。それは非常に有望なガスですが、大量に生産することも特に複雑です。このガスのこの複雑さを理解するための1つの数字は、水素の液化温度は摂氏253度未満です。未来の燃料として提示された水素。

彼はあなたに夢を見させます。しかし、夢から現実まで、まだ長い道のりがあります。今夜、2人のゲストと一緒にクリアしようとする急な道。世界的なエネルギー危機の時に、水素は解決策ですか?

ゲストと一緒に:

– ミカア・メレド、Sciences PoとHECの水素地政学の教師

– イネス・ブアシダ、持続可能な開発・国際関係研究所(IDDRI)のエネルギー専門家研究員。

Adrien Desgranges、午後7時10分、パリにて。プログラム「Décryptage and RFI」へようこそ。皆さん、こんばんは。多くの資質を持つ燃料です。水素は使っても公害にならない。非常に有望なガスですが、大量に生産するには特に複雑です。この気体の複雑さを理解するための図。水素の液化温度は153度以下です。水素は未来の燃料として紹介されています。人に夢を与える。しかし、夢から現実への道のりはまだ長い。険しい道を、今晩はお二人のゲストと一緒にクリアしていこうと思います。世界的なエネルギー危機の時代に水素は解決策になるか?今晩はそれを読み解いていきます。イネス・ボワシーさん、こんばんは。IRI(持続可能な開発と国際関係研究所)の研究員で、エネルギーの専門家です。また、Miko Maireadもお迎えします。こんばんは。

こんばんは。

サイエンス・ポおよびHCで水素の地政学を講じる。フランスでカレンダーの偶然かどうか、今日は国家元首によって、サンナゼールの海岸沖で発足した風力発電所の影で。そこから遠くない。フランスのスタートアップ企業AEFE社が、世界で初めて、海上で水素を製造するプラットフォームを稼働させました。というわけで、8月中旬、序章として。このプロジェクトに注目していますか?このプラットフォームはどのように構成されているのですか?

はい、確かに、私はこのプロジェクトをよく追いました。フランスで世界初の試みであり、世界中に輸出される運命にあるため、見逃せないプロジェクトです。そこで、外洋で直接水素を製造しようというのが、ここでのアイデアです。ライティング・スタートアップという会社は、ヴァンデの土地で、再生可能エネルギーによる最初のグリーン水素製造設備の1つを製造・開発したのです。そこで、陸上風力発電の風車でやっていたのです。そして今、目標は海岸の壁を越え、水素を製造するプラットフォームとその上のエレクトロリーダーを接続することで、海上で直接水素を製造できるようにすることです。詳しくは後ほど説明します。そして、これらの電子機器は、浮体式風力発電機や洋上設置の風力発電機に接続され、陸上風力発電機よりもはるかに高い出力で発電することができるようになるのです。

イネス・ボワシーは、まだ水素を定義していないのです。このガスがどうしてグリーンエネルギーと言えるのか?

水素は化石燃料と違って、燃やしてもCO2などの温室効果ガスが発生しないので、面白いエネルギーです。また、温室効果ガスの排出を抑えて生産する方法を知っているエネルギーキャリアでもあります。だから、私たちはグリーンな方法で生産する方法を知っているのです。そして次に、比較的持ち運びが可能な電気などに比べて、かなり長期間保存できるエネルギーキャリアであることです。そのため、エネルギーシステムにおいて多くの利点を持つことがわかります。

現在、水素はどこで製造されているのでしょうか?それでも、このオフショアプラットフォームを例にとれば、今世界をリードしているのはどの国なのか。

Inès Boissy だから、水素は世界中で、主に化石燃料、特に天然ガスと石炭から製造されています。そして、主に工業プロセス、精製や肥料の製造に使用されます。そのため、アジアやヨーロッパをはじめ、世界中で生産されているのです。

なぜ、ありのまま、生産され、運ばれることがこんなに難しいのか。また、引火性が高いことも記載されています。エド

なぜなら、私たちが興味を持っている水素、つまりH2を事実上取れば、それは単なる分子だからです。でも、原子は、ただの水素。Hは非常に軽い原子で、非常に揮発性が高く、その結果、チャンネルを合わせるのが非常に難しい。そのため、世界で何十年も前から習得している技術で生産することは、それほど難しいことではありません。しかし、難しいのは、それを保管することと、エンドユーザーまで運ぶことです。例えば、水素を自動車や電車に搭載する、あるいは10年後、1年後に飛行機などに搭載する、などなど。ですから、今日生じる困難は、生産からエンドユーザーまでのバリューチェーンを脱炭素で構築できるかどうかということです。それが第一の課題です。なぜなら、現在、世界では水素は実はグリーンではないのです。現在、2020年には、世界の水素の96%が化石燃料から製造されています。

だから今日、水素はグリーンではないのです。一方、2025年、30年、35年、40年、50年の目標は、この水素を脱炭素の方法で、特に再生可能エネルギーから製造することである。しかし、これが唯一の能力、唯一の可能性ではなく、もし可能であれば、いやむしろ、4月に出たIPCCのグループ3による気候変動に関する適応と緩和に関する最新の報告書がよく示すように、これが比較的重要なバリューチェーンとなり、世界中でうまく展開されれば、この脱炭素水素はまさに解決策のひとつとなり得るのです。解決策にはならないでしょう。魔法のような解決策ではありませんが、2050年にカーボンニュートラルを達成し、アフリカ、ラテンアメリカ、アジアの非常に多様な国々を実現するための解決策の1つです。現在、中国は世界の水素生産量の33%を占める世界一の生産国となっています。さて、これらの国はすべて、この二水素という分子、あるいは水素という原子に興味を持っているのです。

では、この原子のことは昔からわかっていたのに、なぜ水素はなかなか定着しないのでしょうか?

イネス・ボワシー 実は、水素について覚えておくと面白いのは、排出量を減らすために、つまりパリ協定を達成するために、経済を脱炭素化するために、水素を何に使うことができるかを考えることなんです。そして実際、重要なのは、産業界で一部すでに存在している用途であり、鉄鋼生産のような存在しない用途も大きいということに気づきます。あるいは、航空輸送に使える他の燃料を作るベースにもなるので、航空機用や海上輸送用にも使えます。ですから、今のところ、これらの部門はまだ建設されていない、存在しないのです。つまり、グリーン水素が経済の脱炭素化に使われるということは、分配するものが条件になっていることがわかります。新しい産業部門を構築し、新しい機器や技術を流通させ、新しい供給システムを導入しています。そして、それは大きな課題です。

だからこそ、今日、今日、セクターを構築しなければならないのです。実際、そうなんです。

そのためには、もっと政治的な意志が必要なのか、産業界の意志が必要なのか、どちらだと思いますか?

その両方を兼ね備えているのです。2020年以降、特に欧州連合が水素を欧州加盟国に展開する野心的な目標を掲げた水素戦略を発表したり、ドイツ、フランス、スペインをはじめ戦略を策定したりと、水素をめぐる政治的関心が復活してきたと思うのですが、いかがでしょうか。欧州連合の外には、イギリスもあります。さらに、世界の他の地域、アフリカ大陸、アメリカ大陸でも、水素に関心を持っている国々があるのです。だから、このテーマには本当に政治的な関心があるんです。しかし、今はまだ、水素を何に使うか、どの分野をどのようにサポートするか、といった計画を立てている段階です。そして、プロジェクトが立ち上がりつつあるのがわかります。冒頭の「Life」プロジェクトもその一例ですね。これらは、新しい分野を学ぶために展開し、テストすることが面白い技術です。

このエネルギー危機、あるいは少なくとも世界中で発表されているエネルギー危機は、水素の普及と利用を加速させることができるでしょうか。

RED 完全に。具体的には、まさにこのようなことです。実際、水素が今流行っている、あるいは再流行しているということを念頭に置いておく必要があります。流行っているのは今に始まったことではありません。水素はすでに流行していた。1950年代末、1970年代の石油危機を背景に、アメリカやロシアなどが「ポスト石油時代を実現する分子、少なくともバリューチェーンは何だろう」と考え、再び流行りだしたのだ。そして、1990年代には、より技術的な意味で、再びそれが見られるようになりました。水素を製造するレベルではなく、使用するレベルで、興味深いパワーを持つ最初の燃料電池があり、例えば、航空機などのモビリティを中心としたバリューチェーンを開発することを誰が想像できたでしょうか。そこで、この海域で出現し始めたのですが、いくつかの問題、特に信頼性の問題、安全性の問題がありました。

だから20年間、2000年代の10年間、そして2010年。2002年から2003年にかけては、比較的野心的な戦略で、研究開発のエコシステム、理論研究、応用研究を支援するといった内容の、国家によるパイロットプログラムがありましたね。これはヨーロッパでも、日本でも、韓国でも、そして主に北米でも同じでした。そして、安全な方法でバリューチェーン全体に付加価値をつけることができる、つまり、水素は可燃性であると言うことだったのです。しかし、水素は、たとえ爆発することができたとしても、そのために必要な圧力という意味での臨界レベルは、現在我々が検討している自動車などの他の用途に比べると、かなり限定的なものなのです。つまり、今日起こっていることは、世界中の政治家が、水素で脱炭素化できるか、そうでなければできないか、と言っているのです。

2050年までに脱炭素化する必要があり、それは私の業界にとって付加価値の高い要素である、など。これは、ドイツ、日本、韓国が典型的なケースです。そして、世界レベルで排除したい石油、ガス、石炭、要するに炭化水素を産出する大国が他にもあるのです。そこにはサウジアラビアもナイジェリアも、そしてもちろんロシアもあります。ロシアにとっては、明らかにウクライナの戦争が彼らの水素プログラムに小休止を与えているとしても。要するに、これらの国々は、自分たちがやられないように、新しい出口を見つけようとしているだけなのだ。エネルギー転換をしたヨーロッパやアメリカが炭化水素を買わなくなったとき。そして最後に、非常に重要で、アフリカで多く見られる国のグループがあります。水素や、太陽光、風力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギーのおかげで、例えばエチオピアやケニアのように、「もし今、私がエネルギー輸出国になったらどうだろう?

水素がこれらの国々を可能にし、世界中の政治家を惹きつけているのでしょうか。

2012年については、Jérôme Boissierに掲載されています。

そうですね、なぜ2020年に水素の政治的な注目がファッションとして戻ってきたのか、少し補足させていただきますと。また、欧州レベルでの政治的なコミットメント、2050年の気候ニュートラルへのコミットメント、気候ニュートラル、これはどういう意味なのでしょうか。2005年ということです。温室効果ガスを排出しない、あるいはほとんど排出しない。そして、このことは、私たちがこの分野の脱炭素化に関心を持っていることを意味しています。最初はちょっと興味がなかったんです。排出量を維持できると考えたのです。まあ、実際、今はすべてを脱炭素化しなければならないのですが。そして、このような分野でこそ、水素が重要な鍵を握っているのです。それが、水素への熱意を生む重要な要素だったのです。そして、これからの水素は電気分解で作る水素、つまり電気と水から作る水素であることも事実です。

そして、この水素がクリーンであるためには、電気もクリーンでなければなりません。そして、この10〜20年の間に、再生可能エネルギー電気のアイデアのコストが大幅に下がっていることもわかっています。そして、このことは、1950年代、1970年代に、ニコマス氏の表現を借りれば、最初で最後の水素ファッションセッションを行ったときには存在しなかった、再生可能な電力から作られる水素の経済的機会を開くことになるのです。そして、私が面白いと思うのは、このことを心に留めておくことも、実は大切なのです。この水素を何に使うのか?水素のことです。熱意があるんです。そして、水素はある用途では脱炭素燃料であることも忘れてはなりません。エネルギー転換のための構成要素のひとつであり、非常に重要ですが、転換のアルファとオメガではなく、エネルギーシステムにおいて少数派のエネルギーにとどまるでしょう。個人の家に届くエネルギーではないので、今の化石燃料のような水素の国際的な交換は、おそらくないでしょう。

消費量が違うので、同じ大きさにはならないでしょう。

モビリティに関するいくつかの事例を紹介します。トヨタ・ヒュンダイの都市向けに水素自動車を提供している自動車メーカーがあることを調べていたのです。7~8万ユーロの車のコスト。まだ、誰でも使えるというわけではなさそうです。

これはごく普通のことです。つまり、価格の下落を確実にするためには、規模の経済が必要なのです。そして、規模の経済が発生するためには、このソリューションの大規模な導入が必要です。2022年から1030年までの10年間を静観すると、ガスや石油、石炭と同じように、水素の取引に大きな動きがあることは誰も予想していないでしょう。しかし、今世紀後半、それが起こらないとは言い切れません。特に、先ほど申し上げたように、水素に関心を持つ国や経済圏は数多くありますから。つまり、大雑把に言えば、世界中の国々が、例えば水素を作るための再生可能エネルギーを生産する能力に応じて、エネルギー面で多かれ少なかれ自律的、主権的になることを保証するものです。

それが第一の選択肢です。第二の選択肢は、逆に、コスト、ひいてはエンドユーザーにとっての価格の問題を考えると、非常に低コストで大規模に水素を製造する方法を知っている少数の大国や少数の大企業が市場を獲得し、その結果、バリューチェーンを立ち上げることが可能になるということです。典型的な例として、私がここで述べているのは、まさに水素に関するフランスの戦略とドイツの戦略の間のギャップです。ドイツは、世界の大きな生産能力、したがってそれに伴う信用に依存しながら、低コストで生産しています。そして、フランス人は逆に、水素のおかげでエネルギーの地域化が進むと考えている。

Inès Boissy 水素で、がんばろう!

はい、ですから、先ほど少し説明したように、実は水素は、未来の水素は、電気から作られるため、実は物理的なレベルから作られるということを、皆さんにお伝えしておきたいと思うのです。実は、あるエネルギーを別のエネルギーに変換すると、エネルギーが失われるのです。それが変換の仕組みです。つまり、1キロワット時の電気を水素に変換すると、その約3分の1のエネルギーが失われることになるのです。そして、エネルギーを利用する多くのアプリケーションで、より効率的になることを理解しています。また、効率が良いというのは、電気を持っていて、それを水素に変えてから水素を使うよりも、直接電気を使った方が安いという意味であることが多いです。そして、これは典型的な乗用車の場合、あるいは今日、電池を使う車は、燃料電池で水素を使う乗用車よりはるかに安い。

多くの自動車メーカーが、水素を動力源とする自家用車の生産から撤退したのは、彼らにとって、未来の自動車はこの規模では水素ではなくバッテリーを動力源とするものであり、この分野では水素は電気よりも競争力がなく、面白くもないからだということがよくわかる。そして、このことを考えるとき、本当に忘れてはならないことがあると思うのです。移行期における水素の役割とは何か、何の役に立つのか、どんな使い方が面白いのか、本当に自問自答しなければなりません。この質問に答えるには、技術的に実現可能な水素という選択肢がある一方で、他の選択肢もあり、それらの選択肢を技術的特性や経済的特性との関連で比較する必要があります。それで、クルマのほうですが、これは非常によくわかる例だと思います。

列車の解読を終了した場合。このアルストム社の水素列車が、単機で約1200キロメートルを走行し、距離記録を更新したことを紹介します。それが今週のことでした。また、トゥールーズに水素で走る未来の飛行機のテストセンターを開設したUniversal Hydrogène社もあります。ゲストのマイレッド・イネス・ボワシーさん、お二人には解読に参加していただき、ありがとうございました。制作 Hélène Avril コーディネーション Eléonore Chronicle ドキュメンテーション Emmanuel Sevin 当日の討論をフォローするために。

水素、未来のエネルギー? – powered by Happy Scribe

解読する。

Adrien Desgranges、午後7時10分、パリにて。プログラム「Décryptage and RFI」へようこそ。皆さん、こんばんは。多くの資質を持つ燃料です。水素は使っても公害にならない。非常に有望なガスですが、大量に生産するには特に複雑です。この気体の複雑さを理解するための図。水素の液化温度は153度以下です。水素は未来の燃料として紹介されています。人に夢を与える。しかし、夢から現実への道のりはまだ長い。険しい道を、今晩はお二人のゲストと一緒にクリアしていこうと思います。世界的なエネルギー危機の時代に水素は解決策になるか?今晩はそれを読み解いていきます。イネス・ボワシーさん、こんばんは。IRI(持続可能な開発と国際関係研究所)の研究員で、エネルギーの専門家です。また、Miko Maireadもお迎えします。こんばんは。

こんばんは。

サイエンス・ポおよびHCで水素の地政学を講じる。フランスでカレンダーの偶然かどうか、今日は国家元首によって、サンナゼールの海岸沖で発足した風力発電所の影で。そこから遠くない。フランスのスタートアップ企業AEFE社が、世界で初めて、海上で水素を製造するプラットフォームを稼働させました。というわけで、8月中旬、序章として。このプロジェクトに注目していますか?このプラットフォームはどのように構成されているのですか?

はい、確かに、私はこのプロジェクトをよく追いました。フランスで世界初の試みであり、世界中に輸出される運命にあるため、見逃せないプロジェクトです。そこで、外洋で直接水素を製造しようというのが、ここでのアイデアです。ライティング・スタートアップという会社は、ヴァンデの土地で、再生可能エネルギーによる最初のグリーン水素製造設備の1つを製造・開発したのです。そこで、陸上風力発電の風車でやっていたのです。そして今、目標は海岸の壁を越え、水素を製造するプラットフォームとその上のエレクトロリーダーを接続することで、海上で直接水素を製造できるようにすることです。詳しくは後ほど説明します。そして、これらの電子機器は、浮体式風力発電機や洋上設置の風力発電機に接続され、陸上風力発電機よりもはるかに高い出力で発電することができるようになるのです。

イネス・ボワシーは、まだ水素を定義していないのです。このガスがどうしてグリーンエネルギーと言えるのか?

水素は化石燃料と違って、燃やしてもCO2などの温室効果ガスが発生しないので、面白いエネルギーです。また、温室効果ガスの排出を抑えて生産する方法を知っているエネルギーキャリアでもあります。だから、私たちはグリーンな方法で生産する方法を知っているのです。そして次に、比較的持ち運びが可能な電気などに比べて、かなり長期間保存できるエネルギーキャリアであることです。そのため、エネルギーシステムにおいて多くの利点を持つことがわかります。

現在、水素はどこで製造されているのでしょうか?それでも、このオフショアプラットフォームを例にとれば、今世界をリードしているのはどの国なのか。

Inès Boissy だから、水素は世界中で、主に化石燃料、特に天然ガスと石炭から製造されています。そして、主に工業プロセス、精製や肥料の製造に使用されます。そのため、アジアやヨーロッパをはじめ、世界中で生産されているのです。

なぜ、ありのまま、生産され、運ばれることがこんなに難しいのか。また、引火性が高いことも記載されています。エド

なぜなら、私たちが興味を持っている水素、つまりH2を事実上取れば、それは単なる分子だからです。でも、原子は、ただの水素。Hは非常に軽い原子で、非常に揮発性が高く、その結果、チャンネルを合わせるのが非常に難しい。そのため、世界で何十年も前から習得している技術で生産することは、それほど難しいことではありません。しかし、難しいのは、それを保管することと、エンドユーザーまで運ぶことです。例えば、水素を自動車や電車に搭載する、あるいは10年後、1年後に飛行機などに搭載する、などなど。ですから、今日生じる困難は、生産からエンドユーザーまでのバリューチェーンを脱炭素で構築できるかどうかということです。それが第一の課題です。なぜなら、現在、世界では水素は実はグリーンではないのです。現在、2020年には、世界の水素の96%が化石燃料から製造されています。

だから今日、水素はグリーンではないのです。一方、2025年、30年、35年、40年、50年の目標は、この水素を脱炭素の方法で、特に再生可能エネルギーから製造することである。しかし、これが唯一の能力、唯一の可能性ではなく、もし可能であれば、いやむしろ、4月に出たIPCCのグループ3による気候変動に関する適応と緩和に関する最新の報告書がよく示すように、これが比較的重要なバリューチェーンとなり、世界中でうまく展開されれば、この脱炭素水素はまさに解決策のひとつとなり得るのです。解決策にはならないでしょう。魔法のような解決策ではありませんが、2050年にカーボンニュートラルを達成し、アフリカ、ラテンアメリカ、アジアの非常に多様な国々を実現するための解決策の1つです。現在、中国は世界の水素生産量の33%を占める世界一の生産国となっています。さて、これらの国はすべて、この二水素という分子、あるいは水素という原子に興味を持っているのです。

では、この原子のことは昔からわかっていたのに、なぜ水素はなかなか定着しないのでしょうか?

イネス・ボワシー 実は、水素について覚えておくと面白いのは、排出量を減らすために、つまりパリ協定を達成するために、経済を脱炭素化するために、水素を何に使うことができるかを考えることなんです。そして実際、重要なのは、産業界で一部すでに存在している用途であり、鉄鋼生産のような存在しない用途も大きいということに気づきます。あるいは、航空輸送に使える他の燃料を作るベースにもなるので、航空機用や海上輸送用にも使えます。ですから、今のところ、これらの部門はまだ建設されていない、存在しないのです。つまり、グリーン水素が経済の脱炭素化に使われるということは、分配するものが条件になっていることがわかります。新しい産業部門を構築し、新しい機器や技術を流通させ、新しい供給システムを導入しています。そして、それは大きな課題です。

だからこそ、今日、今日、セクターを構築しなければならないのです。実際、そうなんです。

そのためには、もっと政治的な意志が必要なのか、産業界の意志が必要なのか、どちらだと思いますか?

その両方を兼ね備えているのです。2020年以降、特に欧州連合が水素を欧州加盟国に展開する野心的な目標を掲げた水素戦略を発表したり、ドイツ、フランス、スペインをはじめ戦略を策定したりと、水素をめぐる政治的関心が復活してきたと思うのですが、いかがでしょうか。欧州連合の外には、イギリスもあります。さらに、世界の他の地域、アフリカ大陸、アメリカ大陸でも、水素に関心を持っている国々があるのです。だから、このテーマには本当に政治的な関心があるんです。しかし、今はまだ、水素を何に使うか、どの分野をどのようにサポートするか、といった計画を立てている段階です。そして、プロジェクトが立ち上がりつつあるのがわかります。冒頭の「Life」プロジェクトもその一例ですね。これらは、新しい分野を学ぶために展開し、テストすることが面白い技術です。

このエネルギー危機、あるいは少なくとも世界中で発表されているエネルギー危機は、水素の普及と利用を加速させることができるでしょうか。

RED 完全に。具体的には、まさにこのようなことです。実際、水素が今流行っている、あるいは再流行しているということを念頭に置いておく必要があります。流行っているのは今に始まったことではありません。水素はすでに流行していた。1950年代末、1970年代の石油危機を背景に、アメリカやロシアなどが「ポスト石油時代を実現する分子、少なくともバリューチェーンは何だろう」と考え、再び流行りだしたのだ。そして、1990年代には、より技術的な意味で、再びそれが見られるようになりました。水素を製造するレベルではなく、使用するレベルで、興味深いパワーを持つ最初の燃料電池があり、例えば、航空機などのモビリティを中心としたバリューチェーンを開発することを誰が想像できたでしょうか。そこで、この海域で出現し始めたのですが、いくつかの問題、特に信頼性の問題、安全性の問題がありました。

だから20年間、2000年代の10年間、そして2010年。2002年から2003年にかけては、比較的野心的な戦略で、研究開発のエコシステム、理論研究、応用研究を支援するといった内容の、国家によるパイロットプログラムがありましたね。これはヨーロッパでも、日本でも、韓国でも、そして主に北米でも同じでした。そして、安全な方法でバリューチェーン全体に付加価値をつけることができる、つまり、水素は可燃性であると言うことだったのです。しかし、水素は、たとえ爆発することができたとしても、そのために必要な圧力という意味での臨界レベルは、現在我々が検討している自動車などの他の用途に比べると、かなり限定的なものなのです。つまり、今日起こっていることは、世界中の政治家が、水素で脱炭素化できるか、そうでなければできないか、と言っているのです。

2050年までに脱炭素化する必要があり、それは私の業界にとって付加価値の高い要素である、など。これは、ドイツ、日本、韓国が典型的なケースです。そして、世界レベルで排除したい石油、ガス、石炭、要するに炭化水素を産出する大国が他にもあるのです。そこにはサウジアラビアもナイジェリアも、そしてもちろんロシアもあります。ロシアにとっては、明らかにウクライナの戦争が彼らの水素プログラムに小休止を与えているとしても。要するに、これらの国々は、自分たちがやられないように、新しい出口を見つけようとしているだけなのだ。エネルギー転換をしたヨーロッパやアメリカが炭化水素を買わなくなったとき。そして最後に、非常に重要で、アフリカで多く見られる国のグループがあります。水素や、太陽光、風力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギーのおかげで、例えばエチオピアやケニアのように、「もし今、私がエネルギー輸出国になったらどうだろう?

水素がこれらの国々を可能にし、世界中の政治家を惹きつけているのでしょうか。

2012年については、Jérôme Boissierに掲載されています。

そうですね、なぜ2020年に水素の政治的な注目がファッションとして戻ってきたのか、少し補足させていただきますと。また、欧州レベルでの政治的なコミットメント、2050年の気候ニュートラルへのコミットメント、気候ニュートラル、これはどういう意味なのでしょうか。2005年ということです。温室効果ガスを排出しない、あるいはほとんど排出しない。そして、このことは、私たちがこの分野の脱炭素化に関心を持っていることを意味しています。最初はちょっと興味がなかったんです。排出量を維持できると考えたのです。まあ、実際、今はすべてを脱炭素化しなければならないのですが。そして、このような分野でこそ、水素が重要な鍵を握っているのです。それが、水素への熱意を生む重要な要素だったのです。そして、これからの水素は電気分解で作る水素、つまり電気と水から作る水素であることも事実です。

そして、この水素がクリーンであるためには、電気もクリーンでなければなりません。そして、この10〜20年の間に、再生可能エネルギー電気のアイデアのコストが大幅に下がっていることもわかっています。そして、このことは、1950年代、1970年代に、ニコマス氏の表現を借りれば、最初で最後の水素ファッションセッションを行ったときには存在しなかった、再生可能な電力から作られる水素の経済的機会を開くことになるのです。そして、私が面白いと思うのは、このことを心に留めておくことも、実は大切なのです。この水素を何に使うのか?水素のことです。熱意があるんです。そして、水素はある用途では脱炭素燃料であることも忘れてはなりません。エネルギー転換のための構成要素のひとつであり、非常に重要ですが、転換のアルファとオメガではなく、エネルギーシステムにおいて少数派のエネルギーにとどまるでしょう。個人の家に届くエネルギーではないので、今の化石燃料のような水素の国際的な交換は、おそらくないでしょう。

消費量が違うので、同じ大きさにはならないでしょう。

モビリティに関するいくつかの事例を紹介します。トヨタ・ヒュンダイの都市向けに水素自動車を提供している自動車メーカーがあることを調べていたのです。7~8万ユーロの車のコスト。まだ、誰でも使えるというわけではなさそうです。

これはごく普通のことです。つまり、価格の下落を確実にするためには、規模の経済が必要なのです。そして、規模の経済が発生するためには、このソリューションの大規模な導入が必要です。2022年から1030年までの10年間を静観すると、ガスや石油、石炭と同じように、水素の取引に大きな動きがあることは誰も予想していないでしょう。しかし、今世紀後半、それが起こらないとは言い切れません。特に、先ほど申し上げたように、水素に関心を持つ国や経済圏は数多くありますから。つまり、大雑把に言えば、世界中の国々が、例えば水素を作るための再生可能エネルギーを生産する能力に応じて、エネルギー面で多かれ少なかれ自律的、主権的になることを保証するものです。

それが第一の選択肢です。第二の選択肢は、逆に、コスト、ひいてはエンドユーザーにとっての価格の問題を考えると、非常に低コストで大規模に水素を製造する方法を知っている少数の大国や少数の大企業が市場を獲得し、その結果、バリューチェーンを立ち上げることが可能になるということです。典型的な例として、私がここで述べているのは、まさに水素に関するフランスの戦略とドイツの戦略の間のギャップです。ドイツは、世界の大きな生産能力、したがってそれに伴う信用に依存しながら、低コストで生産しています。そして、フランス人は逆に、水素のおかげでエネルギーの地域化が進むと考えている。

Inès Boissy 水素で、がんばろう!

はい、ですから、先ほど少し説明したように、実は水素は、未来の水素は、電気から作られるため、実は物理的なレベルから作られるということを、皆さんにお伝えしておきたいと思うのです。実は、あるエネルギーを別のエネルギーに変換すると、エネルギーが失われるのです。それが変換の仕組みです。つまり、1キロワット時の電気を水素に変換すると、その約3分の1のエネルギーが失われることになるのです。そして、エネルギーを利用する多くのアプリケーションで、より効率的になることを理解しています。また、効率が良いというのは、電気を持っていて、それを水素に変えてから水素を使うよりも、直接電気を使った方が安いという意味であることが多いです。そして、これは典型的な乗用車の場合、あるいは今日、電池を使う車は、燃料電池で水素を使う乗用車よりはるかに安い。

多くの自動車メーカーが、水素を動力源とする自家用車の生産から撤退したのは、彼らにとって、未来の自動車はこの規模では水素ではなくバッテリーを動力源とするものであり、この分野では水素は電気よりも競争力がなく、面白くもないからだということがよくわかる。そして、このことを考えるとき、本当に忘れてはならないことがあると思うのです。移行期における水素の役割とは何か、何の役に立つのか、どんな使い方が面白いのか、本当に自問自答しなければなりません。この質問に答えるには、技術的に実現可能な水素という選択肢がある一方で、他の選択肢もあり、それらの選択肢を技術的特性や経済的特性との関連で比較する必要があります。それで、クルマのほうですが、これは非常によくわかる例だと思います。

列車の解読を終了した場合。このアルストム社の水素列車が、単機で約1200キロメートルを走行し、距離記録を更新したことを紹介します。それが今週のことでした。また、トゥールーズに水素で走る未来の飛行機のテストセンターを開設したUniversal Hydrogène社もあります。ゲストのマイレッド・イネス・ボワシーさん、お二人には解読に参加していただき、ありがとうございました。制作 Hélène Avril コーディネーション Eléonore Chronicle ドキュメンテーション Emmanuel Sevin 当日の討論をフォローするために。

https://www.rfi.fr/fr/podcasts/décryptage/20220922-l-hydrogène-une-énergie-d-avenir

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 950
Enable Notifications OK No thanks