マクロン大統領が10年の歳月をかけ、フランス初の洋上風力発電所を開所

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、木曜日に西部の都市サン・ナゼール沖の大西洋で、計画中の一連の洋上風力発電所の第一号の落成式に出席しました。このプロジェクトは、フランスを非再生可能エネルギーへの依存度を下げ、短期的にはロシアの電力不足に伴う国家的なニーズに応えることを目的としている。

フランスの指導者は、再生可能エネルギープロジェクトを遅らせている行政の遅れを半分に減らすと約束した。

大統領は、2050年までに少なくとも50の洋上風力発電所を建設し、電力を供給することを望んでいます。大統領が木曜日に落成式を行った洋上風力発電の計画、承認、建設には10年を要した。

「フランスではまだ時間がかかりすぎる」とマクロン大統領は述べた。「もっと早くしなければならない」と語った。

各オフショアプロジェクトは、12年かかることもある複雑な司法手続きの一部として、地元コミュニティやその他の利益団体に提出されなければならない。エマニュエル・マクロンは、すべての手続きを他のヨーロッパ諸国の平均である6年に短縮することを望んでいる。

2050年までに、フランス国民の電力消費量は現在の40%増になると言われています。

夏の干ばつと最近の一連の熱波によって、再生可能エネルギーの問題が国民と政治家の間でクローズアップされている。

メールマガジン購読

EUの制裁に対するロシアの報復による電力料金の高騰は、エネルギー主権の強化の必要性を強調している。

軋みと漏れのある原子力部門

フランスの老朽化した原子炉の多くは、すでに耐用年数を過ぎており、交換が必要である。

より安全で効率的な原子力発電を開発するための国営電力会社のプロジェクトは、コストのかかる遅れと技術的な後退に悩まされている。

洋上タービンを建設しているサン・ナゼールを訪問した大統領は、原子力部門は新しい発電設備の試運転を早める必要があるとも述べている。

大統領は2月、新世代の原子炉6基の稼動期限を2035年と定めた。木曜日には、この計画を早める必要があると警告した。

多くのエコロジストは、原子力発電の危険性を指摘し、数千年にわたり安全に保管しなければならない放射性廃棄物がもたらす環境問題を指摘している。

陸上風力発電や太陽光発電の問題は、その近くに住む人たちである。そのため、高速道路の周辺にソーラーパネルを設置することが提案されている。

政府は、月曜日の閣議で詳細な提案を採択する予定である。

https://www.rfi.fr/en/france/20220922-macron-opens-france-s-first-offshore-windfarm-a-decade-in-the-making

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 809
Enable Notifications OK No thanks