フランスが宇宙への野望を実現するために、すべてのシステムを稼働させる。

フランスは、次世代宇宙開発競争において確固たる足場を築き、今後3年間で90億ユーロを投じて、天文学的野心を高めていく意向です。このニュースは、パリで国際宇宙会議(IAC)が開催される際に発表されました。この会議には、急成長を遂げる世界の宇宙産業から数千人の専門家が集まります。

エリザベス・ボルヌ首相は、日曜日のIACの開会式でのスピーチで、フランスの宇宙プログラムへの支出を25%増加させることを発表しました。

この投資計画は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領が2月に定義した宇宙戦略の一部であると彼女は述べた。

300億ユーロの投資計画「France 2030」によって、宇宙におけるフランスの競争力を再構築するために、すでに巨額の資金が計上されており、中でもロケットは主要な優先事項となっています。

ボルネ氏はIACの会合で、「衛星の打ち上げを他のパートナーに依存することはできない」と述べ、これは欧州のアリアン6ロケットや新興の民間企業が開発するロケットを支援することを意味すると付け加えた。

また、11月にパリで開催される欧州宇宙機関の閣僚会議に向け、フランスは欧州宇宙機関への拠出を強化する。

過去最高の参加者数

5日間にわたって開催されるIACは、今週、8,700人以上の登録参加者を集めている。

メールマガジン購読

ESA、NASAをはじめ、イギリス、アラブ首長国連邦、インド、日本、ドイツ、サウジアラビアなどの宇宙機関も参加しています。

第73回IACのテーマは「Space For All」で、宇宙が競争と協力の両面で、征服すべき主要な市場として浮上しているときに開催されました。

フランスはこのイベントで料理の腕前を披露する機会を得ています。CNESのブースでは、宇宙ではおいしい食事は宇宙飛行士の健康だけでなく、士気にも重要であることを会議参加者に思い起こさせるものです。

「フランスは、お祝いの季節の食事や、初めての宇宙料理のレシピで、模範を示しています」と宇宙機関はツイートで述べています。

意見交換会

宇宙への投資を最初に行ったのは米国ですが、欧州は、情報共有や意見交換の助けを借りて、宇宙産業の発展に奔走しているいくつかの国の1つです。

Borne氏は、ヨーロッパが自律的に宇宙へアクセスできるようにするためには、グローバルな協力関係を通じてのみ達成可能であると述べています。

推進システム、宇宙エレクトロニクス、軌道力学、新素材、人工知能は、最後のフロンティアを征服するために必要な具体的スキルの一部として特定されています。

これまでにないほど多くのミッションが軌道に乗せられ、宇宙における世界の商業活動だけでも2020年には3倍以上の3570億ドルに達すると言われています。

さらに、NASAによる月探査計画の再開の動きや、中国とロシアによる月宇宙ステーションの打ち上げに向けた共同作業の動きも加わっています。

Morgan Stanleyの数字によれば、2040年までの成長予測の半分が衛星ブロードバンドインターネットアクセスであり、航空宇宙や防衛産業だけにとどまらない新たな機会が生まれつつあります。

また、衛星データのおかげで、宇宙は気候変動の観測に不可欠な手段としても浮上しています。

 

https://www.rfi.fr/en/international/20220920-all-systems-are-go-as-france-zeros-in-on-space-ambitions-iac-paris

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 826
Enable Notifications OK No thanks