星を目指して、フランスの宇宙飛行士ソフィー・アデノットがISSへのチケットを着陸させる

ケルン – フランスのソフィー・アデノ – 6ヶ月のミッションのために国際宇宙ステーション(ISS)に飛び降りることを選んだ – 彼女は子供の頃から宇宙飛行を夢見ていたが、野心的すぎると警告された。

ダンジャイ・カディルカル

「私は周りの人々から『そんなに大きな夢を見ないでください。それは決して起こらない』と聞いて育ちました」とアデノは、史上2人目のフランス人女性宇宙飛行士として認定された後、4月にRFIに語った。

時々私は聞くだろうが、主に私は聞かないだろう。

今週、41歳は、ベルギーのラファエル・リエジョワとともに、ISSに行く新しいクラスのヨーロッパの宇宙飛行士の最初に選ばれました。

彼女は地球上空約400キロメートルの軌道でオンボード乗組員に加わり、2001年にClaudie Haigneréに次いでISSに乗った2人目のフランス人女性になります。

6ヶ月の滞在後、アデノはリジョワに取って代わられる。

高い目標

エンジニア、ヘリコプターテストパイロット、空軍大佐であるアデノットは、若者に空を目指すようにアドバイスしています。

「失敗することを恐れないでください。私は選択のために2回試した」と彼女は言い、2022年の欧州宇宙機関(ESA)の宇宙飛行士プログラムへの受け入れに言及した。

「2009年にはうまくいかなかった。私はおそらく若すぎましたが、その過程で多くのことを学びました。

アデノとリエジョワは、20,000人以上の応募者の中から選ばれた5人の新しいESA宇宙飛行士の一人でした。

https://www.rfi.fr/en/science-and-technology/20240524-aiming-for-the-stars-lands-french-astronaut-sophie-adenot-a-ticket-to-the-iss

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1721
Enable Notifications OK No thanks