バイカーはフランスで学校のいじめと戦う

フランスでいじめられていると報告する学童の増加に直面して、バイカーのグループは、いじめを防ぎ、被害者を心を開くために彼らの厳しいイメージを使用しています。

「『服は男を作らない』というフランスのことわざがありますが、それは真実ではないと思います」とバーナード・ミニョは言います。彼の長くふさふさしたひげ、バンダナ、タトゥー、レザージャケット、ジュエリーで、引退したボディガードとセキュリティコンサルタントはバイカーの外観を体現しています。

「道路に出るとき、時には30人がバイクに乗ると、確実に注目されます」と彼は言います。

フランス北西部のブルターニュでは、ミニョと彼のバイカー仲間もウバカ(子供の虐待に反対する都市ブルドッグ)のメンバーとして学校で注目されています。

約25年前に北米で設立されたこの協会は、現在世界中に支部を持っています。ミニョは、バイカーの友人がアメリカから戻ってきて賞賛を歌った後、2015年後半にフランスの章を開いた。

「そこで彼らは児童虐待に焦点を当てていますが、フランスの法律は私たちがそれに関与することを許しません」とミニョは説明します。「だから、私たちは代わりに学校のいじめと戦うのを手伝うことにしました。」

パワーバランス

彼はいじめられたことはありませんでしたが、息子が学校で嫌がらせを受けている友人が彼と彼の仲間に助けを求めた後、ミグノットはやるべき仕事があることに気づきました。

「私たちは学校に行き、いじめをしていた少年たちに会い、親切に警告し、いじくり回すのをやめなければならないことを理解させました。それは私たちが助けるためにもっと多くのことができることに気づかせました」と彼は言います。

Ubaka Brittanyには現在約90人のメンバーがいます。彼らは、時折、まだ学校門の外で自転車に乗って子供を迎えに行き、いじめっ子を厳しく見つめ、メッセージを送ります。「あなたが私たちの友人を台無しにするなら、あなたは私たちに考慮しなければならないでしょう。」

ウバカのメンバーは、いじめ防止ワークショップを運営するためにブルターニュの学校に行く準備をしています。© Ubaka Bretagne
ウバカのメンバーは、いじめ防止ワークショップを運営するためにブルターニュの学校に行く準備をしています。© Ubaka Bretagne

「それは力のバランスを変えることです」とミニョットは説明し、「私たちが攻撃的になる可能性があるという考えをいじめっ子の心に置くことですが、もちろんそうではありません。」

自分を尊重する

やるべきことがたくさんあります。

フランスの子供たちの推定10人に1人は、学生時代のある時点でいじめられ、ソーシャルメディアやスマートフォンの出現により、彼らの苦しみはもはや教室に限定されません。

フランス政府は、いじめとの戦いを国家の優先事項とみなしている。

2021年に導入された法律は、いじめを罰金、さらには18歳以上の懲役刑で罰せられる犯罪にした。そして、2022年に最初に開始された政府のいじめ防止プログラムPhareは、来年からいじめ防止旅団の訓練とすべての小学校での共感クラスの導入を含むように拡大されています。

Mignotはその計画を歓迎するが、「人間の相互作用を欠いている」と言っている。

それはまさにウバカの強みです。「私たちの見た目、イメージ、そして私の率直な話し方は子供たちの注意を引きます」と彼は言います。

Mignotはフランスの教育当局から学校に入る許可を得て、現在、教師、親の代表者、または親自身の要請で介入しています。

彼のグループは、主に小学校と中学校に行き、9歳から14歳前後の子供たちとロールプレイで交流します。

Ubaka Bretagneの創設者であるBernard Mignot(左)は、ブルターニュの高校でいじめ防止ワークショップを開催しています。© Ubaka Bretagne
Ubaka Bretagneの創設者であるBernard Mignot(左)は、ブルターニュの高校でいじめ防止ワークショップを開催しています。© Ubaka Bretagne

子供たちは権威の数字を打ち明けるのは難しいと感じていますが、ミグノットはバイカーの見方が違うと言います。

「私たちはまた、自転車文化では、自分自身とお互いを尊重しなければならないと彼らに伝えます」と彼は言います。

外部からの援助

いじめにより、フランスの何人かの若者が自殺した。

その恐ろしい見通しは、ブルターニュのモルビアンにあるセントヘレン小学校のディレクターであるファビエンヌ・ル・ガルがウバカに連絡することを奨励しました。

「予防は治療に勝る」と彼女は言う。「中学校での自殺を見るのはひどいです。私たちは教師として、自分たちの間でいじめについて多くのことを話しますが、すべてが急速に進んでいるので、すべてを見つけることができないので、外部からの入力が必要です。」

先月、ウバカのメンバーは学校の中庭に自転車を駐車し、9歳と10歳のグループに演説しました。ルネと呼ばれるかわいいマスコットを使って、彼らは子供たちに共有したいものについて書き、おもちゃの猿のバックパックにメッセージを残すことを奨励しました。

「それは本当にうまくいき、何人かの子供たちがメモを書き、快適に感じました」とル・ガルは報告します。「革のジャケットを着たこれらのたくましい男性は強い印象を与えました。タフに振る舞うのが好きな10歳と11歳の男の子でさえ、気配りがありました。

救われた命

Mignotは、子供たちが自殺しようとし、「もはやどこに向かえばいいのかわからなかった」母親からいくつかの電話を受けたと言います。

そのような場合、バイカーは家に行って子供に会い、彼らの信頼を得ようと申し出ます。

「私たちは3人の命を救った」と彼は主張し、自殺未遂をした少女と2人の10代の少年を引用した。

77歳のBernard Mignotは、2015年後半にブルターニュでUbaka(Urban Bulldogs Against Kids Abuse)のフランス支部を設立しました。© Ubaka Bretagne
77歳のBernard Mignotは、2015年後半にブルターニュでUbaka(Urban Bulldogs Against Kids Abuse)のフランス支部を設立しました。© Ubaka Bretagne

現在22歳でまだ母国ブルターニュに住んでいるマデリン・ヴァン・イーヌーは、学校でのいじめの後、自殺しようとしました。嫌がらせは、彼女が生姜髪のぽっちゃりした8歳のときに始まり、その後中学校のソーシャルメディアで続きました。

「私は多かれ少なかれグループから除外されましたが、両親でさえもそれについて誰にも話しませんでした」と彼女は言います。「私の胃は結び目でしたが、私は学校に行き続けました。」

彼女は最悪の事態を乗り越えたとき、ミグノットとウバカに会った。彼女はもっと早く彼らを知っていたらいいのに。

「ウバカが以前周りにいたら、おそらく私はこのすべてについてもっと早く話していただろう。それは私に良いことをしただろう。」

フランスは10代のいじめ、自殺防止の「失敗」を認めている

ファーストレディの承認

ミニョは、いじめ防止運動家であるフランスのファーストレディであるブリジット・マクロンが、地元の国会議員を通じてグループに「良い仕事を続けなさい」と語ったと言います。

しかし、何度か、地元の教育当局は学校への入学を拒否しました。

「口実なのは、私たちがPhare計画で承認された協会のリストに載っていないということです」とミグノットは説明します。

彼は物流上の制約のために承認を申請することに消極的です。

「ほとんどの人は授業時間中に働いているので、利用可能なボランティアは退職者だけです。若いボランティアが欲しいのですが、難しいです」と彼は言います。

あるロックンロールの態度も深い。

「私たちはPhareプログラムに参加したくない、私たちは独自の方法を持っています」と、まだ心の反逆者であるミグノットは言います。「私たちは自分が何をしているのか知っています。」

https://www.rfi.fr/en/france/20231120-bikers-take-up-the-fight-against-school-bullying-in-france

 

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

記事本文: 1426
Enable Notifications OK No thanks