新型コロナで学校に戻る:改訂された健康プロトコルにより教師が心配

今週1月3日(月)には、学校へ戻る時期です。2週間の年末年始の休暇を終え、1250万人の生徒が学校に戻ってきます。これは、極めて感染力の強い変種「オミクロン」の波が押し寄せている最中です。政府によって見直された学校保健プロトコルにもかかわらず、教師たちはこの状況に不安を感じていると言います。

今後、あるクラスでCOVID19の陽性者が出た場合、他の生徒は4日間で3回のテストを受けなければ学校に残れない。SNUipp-FSUの広報担当者ギスレーヌ・ダビッドが指摘するように、この決定は教師を安心させるものではない。「親にとってD+2、D+4のテストを設定することが非常に複雑になることは分かっているので、本当に安心させるものではない」。そして、すべてを管理しなければなりません。つまり、返品を管理し、検査で陰性だった場合、もし子どもたちが陰性だった場合、どうなるかはわかりません。これから実施される検査の件数や、学校での陽性者の数を考えると、ガス工場になる可能性が高いです。

ワクチン接種の奨励

労働組合員にとって、COVID19に汚染された生徒が出た時点で授業を終了するというルールは維持されるべきであった。「私たちはいつも、1クラスに1人の陽性者が出たら授業を終了するというルールに戻すよう求めています。生徒たちは7日間遠ざけられています。少なくとも汚染は避けられます。というのも、現在では、D+3の時点で陽性であっても、その時点では検査を受けておらず、そのために他の生徒を汚染してしまう子供たちが戻ってくることが分かっているからです。

国民教育省としては、5歳から11歳の子どもたちへのワクチン接種を奨励するために、計画的な学級閉鎖ではなく、テストの掛け算を行うことにしている。

https://www.rfi.fr/fr/france/20220103-rentrée-scolaire-en-france-et-covid-le-protocole-sanitaire-revisité-inquiète-les-enseignants