フランス・セーヌ川で座礁したシロイルカの死体の検査が実施されることになりました

セーヌ川から外洋に運ばれている間に安楽死させられたシロイルカの遺体について、木曜日に検査が行われた。

通常、北極や亜北極の水域を泳ぐ体長4メートルのこの哺乳類は、8月2日にパリから約70キロのセーヌ川で発見された。

セーヌ川の2つの閘門の間で座礁したため、海へ戻そうとする試みは失敗しました。

暖かく新鮮な水の中で健康状態が悪化し、餌もとらない。

計画

火曜日、フランス北西部のカルヴァドス地方にあるウイストレアムの閘門に放流することが計画されました。

80人近い消防士、獣医、海洋動物研究者のチームは、水曜日の早朝から、サン=ピエール・ラ・ガレンヌで800kgの哺乳類を水から引き上げ、はしけの上にある特製クレートに移しました。

しかし、冷蔵トラックでサンピエール・ラ・ガレンヌからウイストラムまで3時間かけて移動した後、獣医植物検疫国境検査局のチームは、この鯨が栄養失調で生存できないと判断し、安楽死させることを許可した。

メールマガジン購読

決断

「6人の獣医の意見は一致していた。「安楽死させなければならない」と述べた。

検査は、フランス北西部カーン近郊のサン=コンテストにある地域の主要研究所で、海洋哺乳類観測所Pelagisによって実施される予定である。

フランス生物多様性局の声明によれば、「これらの哺乳類に関する我々の知識を豊かにするために行われる」とのことである。

海洋動物の専門家や環境保護主義者は、この救出作戦が哺乳類に致命的なストレスを与える危険性があることを認めていた。

しかし、海洋保護団体シー・シェパード・フランスは、セーヌ川でこれ以上長く生き延びることはできなかっただろうと述べています。

シーシェパード・フランスの声明によると、「皆様のご支援に感謝します」。

“記録的な速さで動員され、何日もベルーガの側に留まってくれたボランティアに感謝します。” “近くからも遠くからも、この救助に関わったすべての人々に感謝します。”

 

https://www.rfi.fr/en/france/20220811-tests-to-take-place-on-corpse-of-beluga-whale-stranded-in-france-s-river-seine

Radio France International
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 821
Enable Notifications OK No thanks