国際ハンドボール連盟(IHF)が10月初めにルールを変更したことにより、これまでビキニでのプレーを余儀なくされていた女性ビーチハンドボール選手がショートパンツを着用できるようになりましたが、男性とは異なり「タイト」であることが求められます。

「女子選手は短くタイトなショーツを着用しなければならない」とIHFの規則には記載されていますが、男子選手は「バギー過ぎない」限り、「膝頭から10cm上」のショーツを着用することができます(10月3日に発表された規則による)。

上半身については、IHFのドレス要件は男女共通で「ぴったりしたタンクトップ」です。

この新しい女性用ウェアは、7月の欧州選手権のスペインとの銅メダル決定戦で、IHFが要求するビキニを着用しなかったために制裁を受けたノルウェーの選手たちが着用していたものとほぼ同じです。

欧州ハンドボール連盟(EHF)の規律委員会は、ノルウェーチームに1,500ユーロの罰金を科しましたが、ノルウェーのスポーツ界やコメンテーターの間では、ルールの変更を求める怒りの声が上がりました。

ビーチスポーツの世界では、ビキニを着ている選手たちが、その美しさを損なったり、実用的でないと感じたりすることがあり、ウェアの問題は長年にわたって議論されてきました。ビーチバレーボール選手は、2012年から着用が義務付けられていません。

1990年にイタリアで生まれたビーチハンドボールは、ビーチバレーとは異なり、まだ機密性の高いスポーツです。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/sport/20211101-handball-de-plage-plus-de-bikini-mais-des-shorts-serrés-pour-les-joueuses