Etienne Daho

60年代、フランソワーズ・ハーディやベルベット・アンダーグラウンドのファンだったエティエンヌ・ダホは、数十年にわたってフレンチポップのスターであり、偉大なマスターとなりました。レンヌのロックシーン出身の彼は、澄んだメロディーと若々しい外見のおかげで、憧れの人たちと同じ場所を征服することができました。

生年月日;1957/01/14
オラン(アルジェリア)
国: フランス
言語:フランス語
品質:作家・歌手・作曲家
音楽ジャンル:歌

バイオグラフィー

Étienne Dahoは1957年1月14日にアルジェリアのオランで生まれ、6歳まで過ごしました。父は軍人、母は化学者であった。アルジェリア戦争中、父親は家族を捨てた。このような人生の局面は、エチエンヌ・ダホに長い後遺症を残した。2人の妹と一緒に、海辺で半分バー、半分食料品店を経営していた祖父母のもとで暮らしていました。その店にあったジュークボックスで、シルヴィ・バルタンやフランソワーズ・アルディなど、20年以上後に一緒に仕事をすることになるイエの歌い手たちと出会ったのです。

アルジェリア戦争が終わってフランスに戻ったエティエンヌは、ランスの叔父の家で数カ月間暮らした。その後、1965年に家族でレンヌに移りました。ブルターニュ地方のこの学生街で、彼は母親や姉妹と一緒に育ち、1960年代のアングロサクソン系の音楽、ローリング・ストーンズやキンクスなどを紹介された。

音楽に情熱を傾けていた彼の好みは、ベルベット・アンダーグラウンドのニューヨーク・ロックへと発展していきましたが、これは今でもシンガーにとって欠かせない参考資料となっています。1970年代には、ニコ、ルー・リード、ボウイなどのアルバムを聴き、少し後にはロキシー・ミュージックやブライアン・イーノなどを聴きました。1976年、19歳の時にロンドンに出会った。驚きの連続でした。パンク・ムーブメントの真っ只中にあったイギリスの首都では、溢れんばかりの音楽活動が行われていたが、それはやがてブルトンの街でも再現されることになる。その後、エチエンヌ・ダホは、フランスでは例外的に活発だったレンヌのロックシーンに足繁く通い、作曲の知識がまったくないにもかかわらず、いくつかの曲を作り始めました。学士号取得後、彼は英語の学位と造形美術のDEUGを取得しましたが、小さな仕事と、特に音楽への情熱を優先して学部を辞めました。

1978年12月20日には、マルキ・ド・サドやスティンキー・トイズ、エリやジャクノのグループなど、彼のお気に入りのグループによるコンサートを開催した。1979年6月14日、エティエンヌ・ダホは、病的なまでの恥ずかしがり屋にもかかわらず、レンヌのロックフェスティバル「トランスミュジカル」で、臨時のグループ「Entre les deux fils dénudés de la dynamo」を率いて、初めてステージに立った。1980年6月には、Etienne Daho junior(父もEtienne)という名前で、シンプルなサウンドトラックに合わせて一人で歌う小さなコンサートを開いた。最後に、1980年12月18日、第2回目のTransmusicalesで、マルキ・ド・サドのミュージシャンやレンヌの他の数グループに囲まれて、麻痺性の舞台恐怖症にもかかわらず、5曲を演奏した。

メールマガジン購読

エティエンヌ・ダホは、一緒に仕事をしたすべてのミュージシャン、特にマルキ・ド・サドのフランク・ダルセルに励まされて、いくつかのデモを作った。続いて、小規模なCBHレーベルから初のシングル「Cow Boy」が発売された。そして、当時フランスで急速に発展していたイギリスのレーベル、ヴァージンに見出され、エティエンヌ・ダホという正式な名前で契約を結んだのである。彼はレンヌ地方で非常によく知られるようになり、ギターのフランク・ダルセル、キーボードの若き音楽家アーノルド・ターボストを含む5人の音楽家のグループで、彼と一緒に作曲したコンサートが増えていきました。

1981年:「ミソマネ」

ジャクノのプロデュースにより、1981年に1stアルバム「Mythomane」を録音し、12月に発売された。商業的には成功しなかったものの、評価は高かった。この新しいサウンドに魅了された少数ながらも忠実な観客が形成され始めました。1982年6月21日、フランスの年中行事であるFête de la Musiqueの中で、パリでの初コンサートを行いました。その年、2人の侍女DarcelとTurboustを連れて、首都に移った。

1982年12月には、ニューシングル「Le grand sommeil」をリリース。大成功でしたね。この時、世間はこの若い歌手に注目し、1983年にはアメリカのコンピレーションアルバム「Made in France」にも収録された。その後、Dahoはアーノルド・ターボストとフランク・ダルセルの協力を得て、セカンドアルバム用の曲を作ることにした。

1984年5月には、新しいLP「La Notte la Notte」が発売され、シングル「Sortir ce soir」が付いていた。このアルバムはすぐに成功しました。エティエンヌ・ダホは、フランスの音楽シーンに新しい血をもたらす真のスターとなりました。1984年7月、作家のエルヴェ・ギベールは、権威ある日刊紙「ル・モンド」に、この若いアーティストに関する大きな記事を書いた。

また、7月にはエティエンヌ・ダホがアメリカに渡り、ニューヨークのクラブ「ダンセテリア」でコマテンスと一緒にコンサートを行いました。

1985年:「フランスのためのトンベ」、初ヒット

9月、Virginはアルバムからのセカンドシングル「Week-end à Rome」をリリースしました。このシングルを皮切りに、商業的にも成功を収め、1985年3月に発売されたシングル「Tombé pour la France」でピークに達した。ほとんどのシングルと同様に、ジャン=ピエール・ジュネがビデオを撮影・監督しました(「デリカテッセン」)。Etienne Daho e Grupo “の名で3月5日から始まったツアーは、3月18日にOlympiaで開催され、スタンディングオベーションを受けました。6月には、批評家からその年のロックアーティストに贈られるBus d’acier賞を受賞しました。そして10月には、生涯のアイドルであるフランソワーズ・ハーディが、「ラ・ノッテ・ラ・ノッテ」で大鳳に初めてのゴールドディスクを与えた。このアルバムでは、60年代のスター歌手と一緒に歌うという夢を叶え、「Et si je m’en vais avant toi」というデュエット曲を披露している。翌年、ジェローム・ソリニーとともにフランソワーズ・アルディの伝記『Superstar et ermite』の執筆を開始し、1986年に出版された。

1986年には、80年代のフレンチ・ポップ・ムーブメントのリーダーとなったアーティストを中心に、まさに「ダホマニア」が誕生しました。当時29歳の若きアーティストは、ニューアルバムのレコーディングのためにロンドンに赴いた。フランク・ダルセルを失い、アーノルド・ターボストを従えたエティエンヌ・ダホは、実験的なダンス・ムーブメントのリーダーであるイギリス人のウィリアム・オービットとともに、11曲の新曲を自ら制作しました。多忙を極める中、大穂は文字通り即興で新譜を作ったが、結果は見事なものだった。4月1日に「ポップさとり」が発売され、同時にシングル「エポウレ・タトゥー」が発売されました。秋に始まったツアーでは、このエレガントで野心的なポップの大成功を確認しました。9月に新たなゴールドディスクが授与された後、10月15日から「Satori Tour」が始まります。ツアーは12月9日、Transmusicales de Rennesで見事に幕を閉じました。

同年、エティエンヌ・ダホは若き監督オリヴィエ・アサイヤスに招かれ、彼の映画「Désordre」に短い出演を果たしました。また、フランク・ダルセルと一緒に「Soleil de minuit」という曲を書いています。

1987年4月、「エポウール・タトゥー」のビデオクリップで欧州ビデオ賞を受賞したエティエンヌ・ダホは、未発表曲やB面、リミックスなどを集めたアルバム「EDコレクション」を発表した。この年、彼はヴィルジニー・テヴェネ監督の映画『Jeux d’artifice』に出演し、映画界に登場しました。そして何よりも、1987年にはロバート・ファレル、マックス・バレンティンズ、歌手のダニ、1988年にはイギリス人のビル・プリチャードのアルバム「Three months…」など、若いアーティストをどんどん輩出するようになりました。また、ダニエル・ダルク(タクシーガールの元メンバー)や、特に1988年にはフランソワーズ・アルディ(「Laisse-moi rêver」)など、他のアーティストにも曲を提供しています。

1988年6月1日に発売されたアルバム「Pour nos vies martiennes」の制作に移ったのも、またロンドンであった。ローリング・ストーンズやデビッド・ボウイのカバーを手がけた画家のギー・ピーラートがイラストを描いたカバーは、発売日にゴールドになりました(10万枚)。これに対応するツアー「火星ツアー」は、1989年1月から4月までの4カ月間で20万人の観客を動員した。1月20日から26日まで、パリのゼニスで、一晩で3,000人近い観客を前にして演奏しました。Lio、Jérôme Pijon、Edith Fambuena(Max Valentinsのメンバー)などの友人がステージに加わることもありました。3月にはBourges Festivalに出演した後、4月21日にはロンドンの名門Marqueeでツアーを終了しました。

ツアーが終わると、ゼニスでのライブを収録したアルバム『Live ED』が1989年10月1日に発売され、瞬く間に25万枚近くの売り上げを記録した。

1989年、イギリスのプロデューサー、アーサー・ベイカーのアルバムに招待され、アル・グリーン、ジミー・ソマービルと一緒に歌った。そして、ベルトラン・フェーヴル監督の短編映画「Tant pis pour l’Idaho」では、クリス・アイザックとデュエットしています。1990年には、他の作品(メルセデス・オードラス、アーノルド・ターボスト)への提供やプロデュース(レ・ヴァランタン、シルヴィ・ヴァルタン、リオ)を続けています。このような数え切れないほどの執筆・制作活動や、他のアーティストの作品への参加により、エティエンヌ・ダホは1991年に新作を準備するまで多忙な日々を送っていた。

1991年:「パリ・アイユール」

80年代にロンドンで活躍していたエティエンヌ・ダホは、友人のグループ「コマテンス」と一緒に見つけたニューヨークに移ることにしました。アメリカの音楽(ブロンディ、テレビジョン、ベルベット・アンダーグラウンド、そしてモータウン・レーベルのブラック・アメリカンのレパートリーすべて)に魅了された彼は、1991年6月、スタジオから目と鼻の先にあるグリニッジ・ヴィレッジの小さなアパートに、ミュージシャンのエディス・ファンブエナと一緒に引っ越し、アルバムを共同プロデュースした。また、ビリー・アイドルのベーシストとドラマーを含むアメリカのミュージシャンを伴って、すべてのギターパートを演奏しました。バッキングボーカルには、女性ゴスペルシンガーを起用し、アルバムのソウルフルな雰囲気を際立たせました。苦労して録音したアルバムは、パリでミックスされました。

このアルバム「Paris Ailleurs」は、3年前から彼の世間から期待されていたもので、これまでの作品とは異なる、より成熟したものになっています。大鵬は、このアルバムを、作者の官能的な側面を反映した、非常に自伝的なラブアルバムとして紹介した。

1991年12月9日の発売前には、予約のおかげでゴールドディスクに認定された。翌年には、ポルトガルの首都リスボンへの愛を歌った「サウダージ」を皮切りに、最初の5曲がすべてヒットした。9曲目は、1972年に発表されたフランソワーズ・アルディの「La Berlue」のカバー。批評家たちはディシランビックで、傑作と語り、セルジュ・ゲンズブールと比較する人もいた。また、1stアルバム「Mythomane」は、発売から10年でゴールドディスクとなりました。

1992年には、「Paris ailleurs」が50万枚以上の売り上げを記録してプラチナ・ディスクになりました。その年、年末の大規模なツアーを前に、エティエンヌ・ダホは自分の心に近いプロジェクトを立ち上げました。彼は、エイズ撲滅のためにフランスのアーティストたちを招いてアルバムを制作しました。ダブルアルバム「Urgence」には、ジャン・ジャック・ゴールドマン、ミシェル・ジョナズ、フランシス・カブレル、アラン・スーチョン、ジェーン・バーキン、フランソワーズ・ハーディ、パトリシア・カースなど、フランス音楽界の大物27人が参加し、「La Vie en rose」をカバーしています。

そして1992年10月3日、ついに「ツール・パリ・アイルール」が始まった。10月10日から13日までのゼニスでの4回のコンサートの成功に続き、12月13日と14日にオリンピアで再び首都に戻ってきたダホ。11月28日、シャンパーニュ地方のランスでは、歌手のシルヴィー・ヴァルタンがステージに加わり、オリンピアでは、共犯者のアーノルド・ターボストが一緒にコンサートを終えた。

1993年、14カ国を巡る旅

そして1993年には、カナダと日本を除くヨーロッパを中心とした14カ国を回るプログラムでツアーがスタートしました。3月11日から7月24日まで、エティエンヌ・ダホはフランス国外での人気を証明しました。しかし、7月17日にラ・ロシェルで開催されたFrancofoliesフェスティバルに立ち寄り、ジャック・デュトロンクと同じ夜にプログラムされた。その3日後には、スイスのニョン・フェスティバルでイギー・ポップとステージを共にしました。

フランスの若手歌手やロックグループが古いフランスの歌をカバーしたコンピレーションから選ばれたDahoの曲「Mon manège à moi」は、発売と同時に大ヒットし、数週間にわたってチャートのトップを飾った。この曲は、1994年初めに発売されたオリンピアでのライブ録音アルバム『Daholympia』にも収録されている。また、すぐに25万枚を突破しました。

1994年、大穂は再び自分の好きなアーティストに専念した。彼は、Jacno(彼の最初のプロデューサー)のアルバム「Faux témoin」をプロデュースし、その後、Brigitte Fontaineの「Genre humain」をプロデュースしました。ElliとJacnoのベストソングを集めたコンピレーションを手がけ、Arnold Turboustが自身のレーベルSatori Songでプロデュースし、Guesh Pattiのために作曲し、再びSylvie Vartan(”Quelqu’un qui me ressemble”)のために作曲し、最後にJacques Dutronc(”Tous les goûts sont dans ma nature”)のために彼とのデュエット曲を歌いました。

絶え間ないプロ活動にもかかわらず、1995年は、レンヌ出身の歌手がエイズにかかっているとか、死んだとかいう噂が飛び交う時期だった。好調だったエティエンヌ・ダホは、これらの主張にショックを受け、ミニアルバム『Reserection』を発表した。このアルバムは、セント・エティエンヌというグループと共にイギリスで企画・録音され、95年10月に発売されたが、フランスではあまり成功しなかった。このアルバムに収録された5曲のうち、「Week-end à Rome」の英語版は「Accident」または「He’s on the phone」と改名され、イギリスでヒットした。エティエンヌ・ダホは、BBCの伝説的なテレビ番組「Top of the pops」にゲスト出演し、その日はエブリシング・バット・ザ・ガール、オアシス、デビッド・ボウイと共演しました。モンマルトルの家を出た大穂は、それからはほとんどロンドンに住んでいた。そこでいくつかのプロジェクトを断って、新しいアルバムの制作に取り掛かりました。今回は、ソロ活動を経て制作を引き継いだアーノルド・ターボストとの再会を果たしました。

1996年:「エデン」

40歳の誕生日前夜、1996年11月4日にシングル「Au commencement」を発売。2週間後の18日には、大西洋のビーチで咲き誇るように日焼けした大鳳の顔が描かれた壮大なジャケットのアルバム『Eden』が発売された。90年代の新しい音楽の影響を統合し、Etienne Dahoはグルーブ、ジャングル、ポップ、ボサノバの間の壮大な合成を達成しました。彼の音楽は、これまで以上に空気感があり、ダンサブルで、メロディックで優美です。歌詞については、Etienne Dahoが再び狂気の愛をテーマにしています。サラ・クラックネル(セント・エティエンヌ)、エリ・メイデイロス(「Rendez-vous au jardin des plaisirs」)、リン・バード(コマテンス)(「Me manquer」)、そして何よりもブラジル・ボサノバの大御所、アストラッド・ジルベルト(「Les Bords de Seine」)など、デュエットやバッキング・ヴォーカルを担当する友人たちに囲まれていました。

このアルバムは、発売後1週間でゴールド認定を受けました。

この年、パリのモリエール劇場では、女優のジャンヌ・モローも参加したショーで、作家ジャン・ジュネのテキスト「Le Condamné à mort」を歌うという新しい体験をしました。

1997年には、ファーストシングル「The New World」(”Au commencement”)が収録された英語版がイギリスで発売されました。秋には、エティエンヌ・ダホは、11月27日から30日までの4日間、オリンピアで開催されたツアー「Kaleidoscope Tour」に参加しました。4年間ステージから遠ざかっていたDahoが、テクノポップのショーで戻ってきました。97年11月から98年4月まで、フランスを縦断するロングツアーを行い、3月23日にはロンドンにも登場した。

年末には、すでに新しいアルバムを制作中だったが、キャリア20年を記念したベスト・ソング・アルバムを発表して、大鵬は音楽ニュースの表舞台に戻ってきた。このアルバムは11月9日に、彼のビデオクリップをまとめたものと一緒に発売されました。

2000年:「軍団と軍備」

2000年4月18日、Etienne Dahoは自身のディスコグラフィーに新しいアルバム “Corps et armes “を加えた。常にポップスの新しい方法(声?)を追求してきたこのシンガーは、このCDでは自分自身に近づき、より冷静に、本質的なものに向かっています。共同プロデューサーであるヴァレンタイン夫妻は、この冒険の一部となっており、レコーディングの大半はロンドンの伝説的なアビー・ロード・スタジオで行われました。愛は、Dahoにとって間違いなく第一のインスピレーションであり、彼は最新の曲を作る際にある種の自伝的な衝動があると主張している。

エティエンヌ・ダホは今、自分の本質を手放すことを志し、もはや合意の上でのファッショナブルな歌手ではありません。彼は、自分の苦悩や個人的な感情、ある種の含まれた暴力性を表に出したいのです。彼がロンドンとモンマルトルの家を行き来して生活しているとすれば、それは彼のバランスを保つために不可欠な孤独を自分に残し、名声とともに失った日常生活を取り戻すためです。エティエンヌ・ダホが花開いた。

Etienne Dahoは、11月にパリのOlympiaで6日間のツアー(”Tour de l’été sans fin”)を開始しました。前回のツアーとほとんど変わりませんでしたが、シンガーはどんどんステージに慣れていきました。彼は、すでにアルバムでデュエットしているアメリカのシンガー、ヴァネッサ・ダオをオープニングに招きました。12月20日まで、フランスとベルギーを巡るツアーを行いました。3月に再開したツアーでは、7月7日のリヨンのFourvière Festivalや7月19日のCôte d’Opale Festivalなどの夏のフェスティバルが開催されました。

2001年10月、大鵬はツアー中にベルギーで行われたライブ音源をリリースした。彼のヒット曲に加えて、ジャン・ジュネの「Sur mon cou」からの未発表の抜粋や、歌手のDaniとのデュエット曲「Comme un boomerang」など、全22曲が収録されています。セルジュ・ゲンズブールの未発表曲はチャートを上昇させ、25万枚を売り上げ、「Victoires de la Musique」賞(2002年2月)にノミネートされました。

2003年:「Réévolution」

2002年にはフランス国家勲章シュヴァリエを受賞。レ・ヴァランタンとは、マリアンヌ・フェイスフルのために「The pleasure song」を作曲した。また、パリのファッショナブルなプロデューサー、ジンジャー・エールのファースト・アルバム(「Laid back」)に収録されている「If」を作曲し、演奏した。

2003年11月:9枚目のスタジオアルバム「Révolution」を発表。すぐにゴールドディスクを獲得し、Victoires de la musique(2004年2月)のアルバム・オブ・ザ・イヤー部門にノミネートされる。”Réévolution “は、過去からの脱却を求めるのではなく、Dahoを魅力的で成功させたすべての要素を集めたものです。10代のロマンティックな声、メランコリックなメロディー、エレガントなハーモニーの追求などです。エティエンヌ・ダホは、セルジュ・ゲンズブールとシャルロット・ゲンズブールとのデュエット曲「If」や、マリアンヌ・フェイスフルが大叔父であるレオポルド・フォン・ザッハー・マゾッホの「La Vénus en Fourrure」の文章を「Les Liens d’Eros」という曲で朗読するなど、2つのこだわりを持っています。

2004年に始まった「Réévolutionツアー」は、3月と6月にフランスで17回の公演を行い、さらにブリュッセルにも立ち寄るという小規模なものでしたが、一般のお客様は常にそこにいました。3月23日から28日までパリのオリンピアで行われた6回のコンサートは完売しました。

エティエンヌは、アルバム『Rendez-vous』でジェーン・バーキンとのデュエット曲「La grippe」(ブリジット・フォンテーヌとジャック・イゲリンのカバー)を歌い、エルザとはアルバム『De lave et de sève』で「L’or et la poussière」を歌い、ベーシストのマルスのアルバムでは曲を歌った(レンヌでのエティエンヌ・ダホの芸術的な第一歩の共犯者であったフランク・ダルセルが書いた「Dragonfly」)など、コラボレーションは多岐にわたった。

エティエンヌ・ダホの曲が、フランスだけでなく、音楽的遺産の一部になっていることを証明しています。スペインの歌手Luz Casalが「Duel au soleil」をカバーし、「Un nuevo dia brillara」として2004年10月にスペインのラジオで1位を獲得しました。

Réévolutionツアー」は6月まで続き、Dahoは2004年6月29日にパリのZenithを完売した。

ツアー終了から1年弱が経過した2005年3月1日、Dahoは「Sortir ce soir」と題した新しい「Best of live」アルバムをリリースした。20年のキャリアを持つシンガーの4枚目のライブアルバムです。このアルバムは、シングルバージョンとダブルバージョン(最近のアルバムの曲を加えたもの)があり、彼の最初のヒット曲の一つである「Sortir ce soir」の新しいスタジオバージョンも収録されています。その2週間後には、ライブDVD「Sortir ce soir」が発売されました。

数ヶ月のうちに、アルバムはゴールド、DVDはプラチナになりました。

2006年には、久しぶりに歌手活動を再開したElli Medeirosのニューアルバム「For you」をプロデュースしました。9月には、フレンチポップスに足跡を残したDahoのカルトアルバム『Pop Satori』が20周年を記念して復刻されました。2006年11月13日、Inrrockuptiblesフェスティバルの一環としてOlympiaで1回限りのコンサートを行い、「Epaule Tatoo」から「Duel au soleil」まで、アルバムの全曲をカバーしました。

11月28日、エティエンヌ・ダホは、ルノー・ドヌデュー・ドゥ・ヴァーブル文化・コミュニケーション大臣より、芸術文化勲章オフィサーの記章を授与されました。

2007年:「L’invitation」

2007年は、9枚目のアルバム「L’Invitation」の制作に専念しました。11月5日に発売され、2週間後にはゴールドになりました。パリ、ロンドン、バルセロナ、イビサで録音されたこの作品は、全11曲で構成されており、歌詞はすべてアーティスト自身が書いています(ただし、ブリジット・フォンテーヌが書いた「Toi, jamais toujours」を除く)。作曲は、Nicolas Dubosc、Xavier Geronimi、Jerôme Soligny、Edith Fabuena、Jeean-Louis Pierot (ex-Valentines)が担当しています。

伝説的な恥ずかしがり屋のシンガーは、驚くべき方法で彼らに打ち明け、恋する気持ちや家族についての親密な情報を明かします。例えば、”Boulevard des Capucines “では、アルジェリア戦争中に幼い自分を捨て、最近亡くなった父親という、自分の人生における痛ましい1ページについて言及しています。タイトルの “Cap Falcon “は、アルジェリアのオランで過ごした幼少期に親しんだ同名の地名にちなんだもので、より明るい印象を与えます。この半自伝的なアルバムで私たちが発見するのは、より複雑で謎めいた大穂である。

ギタリストのÉdith Fambuenaと共同で制作しました。その結果、ストリングスが非常に存在感を放ち、スタイル(ソウル、フラメンコ、ポップ…)が絡み合っています。アレンジを担当したのは、ローリング・ストーンズやセルジュ・ゲンズブール、マリアンヌ・フェイスフルなどを手がけたイギリス人のデビッド・ウィテカーです。これにより、全体的にベルベット・アンダーグラウンドのようなトーンになっています。

このアルバムをリリースした翌春、エティエンヌ・ダホは80回を超えるツアーを行いました。2008年6月3日から8日まで、パリのオリンピアで公演を行いました。また、12月3日にはサル・プレイエルで特別コンサートを行い、その様子が撮影・録音されました。その数ヶ月後には、DVDとライブCD「Daho Pleyel Paris」が発売されました。

同年、「L’invitation」でVictoire de l’album pop rock de l’année賞を受賞しました。

2008年には、ベンジャミン・ビオレイやダニエル・ダルクなどのアーティストが、ダホの曲をカバーしたトリビュート・コンピレーション「Tombés pour Daho」がリリースされました。

2010年に発売されたシルヴィ・ヴァルタンのアルバム「Soleil bleu」では、「La prisonnière」という曲を作曲しています。同年、アルバム「Nouvelle Vague」で、彼女のヒット曲「Week-end à Rome」をヴァネッサ・パラディとのデュエットでカバーしています。

エティエンヌ・ダホは、ジャン・ジュネの「死の宣告」を女優のジャンヌ・モローと一緒に全編録音しました(「Sur mon cou」という曲はここから取られています)。このアルバムは2010年秋に発売されました。作家の生誕100周年を記念して、11月23日と24日にパリのオデオン座で、音楽家を伴った2人のアーティストによるショーが行われました。2011年6月から7月にかけて、フランスやヨーロッパで公演を行います。7月18日には、ヨーロッパの代表的な劇場であるアヴィニョン演劇祭でも公演が行われました。

Étienne Dahoは、Jacnoのトリビュートアルバム「Jacno future」に戻ってきて、亡き友人の娘と一緒に「Amoureux solitaire」をカバーしています。

1981年11月に発売された1stアルバム「神話」の発売記念として、大鳳は4枚のアルバム(「神話」、「ポップさとり」、「コルプス・エ・アーム」、「L’invitation」)に新曲やボーナス音源を加えて再発売しました。

2012年9月には、ジェーン・バーキンの娘である女優のルー・ドイヨンのアルバム「Places」を、エチエンヌ・ダホのプロデュースとアレンジでリリースし、高い評価を得ました。

しかし、レンヌ出身の彼は、自分の作品が待ち望まれており、新しいアルバムを準備していることが知られている。ようやくこのアルバムが発表された矢先、2013年夏に腹膜炎と敗血症で入院した。危うく命を落とすところだった。この深刻な健康問題とそれに伴う療養のため、アルバムの発売日とそれに伴うツアーの開始を延期した。

2013年:「レ・シャンソン・ドゥ・ラ・イノセンス・レトロヴェー」

2013年11月、ついにアルバム「Les Chansons de l’innocence retrouvée」が発売されます。このタイトルは、エチエンヌ・ダホが、ロンドンでのレコーディング時に読んでいたイギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの作品「無垢の歌」にインスパイアされたものです。その時に感じた「大人になってからの最高の瞬間を生きているという印象」をそのまま再現した作品。

元Les ValentinsのハーフであるJean-Louis Piérotがプロデュースと一部作曲を担当したこのアルバムは、ファンキーでポップなリズムに乗った暖かいサウンドを聴くことができます。この “大きな “作品は、非常に洗練されており、チャンスを逃すことはありません。シックのギタリスト、ナイル・ロジャースが2曲(「Les torrents défendus」と「L’étrangère」)、ブロンディのデビー・ハリーがデュエット(「L’étrangère」)、「En surface」を作曲したドミニク・A、ヤン・ワグナーとアメリカのグループ、オ・ルヴォワール・シモーヌ(「Les Chansons de l’innocence」)など、ゲストの顔ぶれにも非の打ち所がない。歌詞のテーマは、感情、疑問、愛を中心としたもので、ある種の運命のアイデアが共通しています。レコードは成功し、評論家も絶賛していた。

Discönoir」と題されたツアーは7月に始まり、Days Offフェスティバルの一環として3回のパリ公演が行われました。7月1日にはシテ・ド・ラ・ムジークでアルバム「Pop Satori」を再演し、7月5日にはベストヒット曲を演奏し、7月8日にはフランスの新しいシャンソンの代表者を招き、サル・プレイエルのステージで彼の曲を再演しました。

その後、様々な夏フェスに出演し、本格的な「ディスカノワール」が始まりました。11月3日から6日までは、パリのオリンピアでも公演を行いました。年末にはライブアルバム「Discönoir」を発売。

翌年には、ダニエル・ダルクとのデュエット曲「La ville」と「Paris sens interdits」の2曲の未発表曲を加えた34曲を収録したダブルベストアルバム「L’homme qui marche」が発売されました。 漫画家のアルフレッド氏と脚本家のダヴィッド・ショーヴェル氏のサイン入りコミック「L’homme qui chante」も2015年末に発売されました。最新アルバム制作の舞台裏を語っています。2人は3年間にわたってシンガーを追跡し、アーティストの創作過程やプロの側近についてのビジョンを語っています。

2017年:「電撃」

2016年にリリースされたUnlovedというバンドのアルバム『Guilty of love』を発見したことをきっかけに、エティエンヌ・ダホは60年代の音楽、そしてサイケデリック・バンドの音楽を掘り下げていきました。また、ピンク・フロイドを設立したイギリスのミュージシャン、シド・バレットにも迫りました。この音楽的な「旅」を消化した後、Étienne Dahoは新しい曲を書き始めました。

ニューアルバムのタイトルは「Blitz」で、2017年11月に発売されました。しばしば叙情的で、官能的で、時には渦巻くような、苦悩に満ちたこのアルバムは、ポップとロックの間で、今日と昨日の影響を受けています。エティエンヌ・ダホの歌詞には、メタファー(隠喩)があふれています。そのため、彼はある種の軽やかさ(「ノクターン」)や暗い問題(「Les flocons de l’été」)を、繊細かつ抑制された状態で呼び起こすことができます。

2017年末、パリのシテ・ド・ラ・ミュジークで開催される写真と音楽をミックスした展覧会「Daho l’aime pop」のキュレーターを務めるエチエンヌ・ダホ。12月5日から2018年4月29日まで、フランスのポピュラー音楽の歴史をテーマに、200枚の写真(自ら撮影した30枚を含む)を紹介しています。

エティエンヌ・ダホは、2018年2月に全キャリアを対象としたヴィクトワール・ドヌールを受賞しました。6月には “Blitzt Tour “が始まる予定です。

2018年3月

Default image
Radio France International

本サイトに利用されているrfiの記事や番組は、AntenneFranceとrfiが結ぶ契約に基づいています。

Articles: 640