オーストラリアでの優勝から2年、フランス女子テニスチームは月曜日からプラハで再びタイトルに挑戦していますが、2020年にCovid-19によって中止されたフェドカップは、その後、名称とフォーマットが変更されています。

2019年11月10日、パースでは、キャロライン・ガルシアとクリスティーナ・ムラデノビッチが、地元の観客の前でオーストラリアのアシュレイ・バーティとサマンサ・ストーサーを6-4、6-3で破り、フランスに3つ目のフェドカップタイトルをもたらしました。

この勝利以来、フェドカップは姿を消し、伝説のアメリカ人プレーヤーに敬意を表して「ビリー・ジーン・キング・カップ」となりました。フランス女子はサーキットではあまり輝いていませんが、女子のデビスカップに相当するこの大会で、素晴らしい感動を取り戻したいと思っています。

“私たちはとても楽しみにしています。2年ぶりだけど、いろいろなことがあったから、もっと長い時間が経ったように感じるわ」と、ムラデノビッチが退場した後、パースの優勝者で唯一プラハにいたガルシアは語りました。

2019年の決勝でバーティを6-0、6-0で破って悪夢を見た74位の選手は、ダブルスの神格化の前に「同じ大会ではないけれど、フランスのためにプレーするのはいつも光栄だし、ベストを尽くしたい」と語っていました。

世界最高の12カ国が参加するこの新しい形式の女子団体テニス大会で、フランスは、ビアンカ・アンドレスクとレイラ・フェルナンデスを欠くカナダと、アナスタシア・パブリウチェンコワを擁するロシアを含むグループで上位に入ることが、金曜日のベスト4、そして土曜日の決勝に進むための条件となっています。

全仏オープンに出場したロシアのアナスタシア・パブリウチェンコワ(2021年6月8日) Anne-Christine POUJOULAT AFP/Archives

トップ10プレーヤー2名

「フェドカップでの最後の思い出は、15,000人の観客の前で行われた決勝戦で、人生で最も強い感動を覚えたことですが、月曜日の10時30分に行われるカナダ戦でも同じようにはいかないでしょう」とキャプテンのジュリアン・ベネトーは語りました。

結果だけではなく、キャロライン・ガルシアが膝の不調を抱えたまま今週を迎えるということもありますが、「これまでは必ずしもそうではありませんでしたが、私たちは一緒にいることを幸せに思わなければなりません。

「私たちの歴史に新しいページを刻まなければなりません。炎と余分な魂、私たちは一緒にいるときからそれを持っています。私たちはうまくやりたいし、お互いにすごく “滑りたい “と思っています」と、フランスのNo.1で世界ランキング60位のアリゼ・コルネは主張しました。

そして、たとえ自信がなくても、フランスの女の子たちには何でも可能なのです。

第1回目の開催となったビリー・ジーン・キング・カップは、女子テニス界のトップからは敬遠されていました。

プラハでは、世界トップ10に入る選手が2人しかいません。その中には、昨年6月の全仏オープンでシングルスとダブルスの両方で優勝した世界ランキング4位のバーボラ・クレイシコバも含まれており、この大会では常に手強い存在(11タイトル)であるチェコチームの先頭に立っています。

全仏オープンに出場したチェコのバーボラ・クライシコワ(2021年6月12日) Christophe ARCHAMBAULT AFP/Archives

参加者全員が絶賛した最高のコンディションの中、ホームで行われるにもかかわらず、Krejcikovaは新しい方式に対する熱意のなさを隠しませんでした。「(決勝で)2つのチームが対決する以前のシステムの方がずっと良かった。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/sport/20211101-billie-jean-king-cup-après-une-longue-attente-un-saut-dans-l-inconnu