パリ・マスターズ1000:ジョコビッチ、その後の大会

ノバク・ジョコビッチは、全米オープンの決勝でグランドスラムカレンダーの夢を打ち砕かれてから7週間後の月曜日に開幕するパリ・マスターズ1000でサーキットに復帰します。密室での2020年版の後に観客と。

最後に人々の心に刻まれた世界No.1の姿は、ニューヨークの沸き立つセントラルでの交代式で、タオルの下に頭を隠して泣き崩れたジョコビッチでした。全米オープンの決勝でダニール・メドベージェフに6-4、6-4、5-4とリードされていたその時、彼は自分のキャリアの中で最も重要な試合と言っても過言ではないほど、敗北の危機に瀕していました。その数ポイント後には、1969年以来のカレンダー・グランドスラム優勝のチャンスがなくなっていた。

それ以来、ロジャー・フェデラー、ラファエル・ナダルと並ぶグランドスラム最多優勝記録(20)を持つ34歳のセルビア人は、コビッド19の影響で秋に開催された異例のインディアン・ウェルズ大会を欠場するなど、しばらく休養を取っていました。

彼が再びラケットを手にすることを決意したのは、すでに5回の優勝を果たしているパリでのことだった。もう一つの記録として、ピート・サンプラス(6)を上回る7回目の世界ランキング1位でこの年を終えることを考えています。これを否定できるのは、やはりメドベージェフだけであろう。

マスターズ1000パリ・マスターズの決勝で、カナダ人のデニス・シャポバロフと対戦するセルビア人のノバク・ジョコビッチ(2019年11月3日、アコーホテルズ・アリーナにて)MARTIN BUREAU AFP/Archives

「感情面でどのように回復したかを見て、最高のレベルでプレーする準備ができているかどうかはわかりません」と “ジョコ “は認めています。

“普通の敗北ではない”

「普通の敗戦ではありませんでした。今シーズンはあらゆる面で非常に厳しく、チャレンジングなシーズンでしたが、以前にも疲労困憊の状況に陥ったことがあり、その時は何とか力強くシーズンを終えることができました」と振り返ります。

ジョコビッチは、「(自分が)遠くまで行けると信じる理由はあるが、マッチプレーがないのは危険だ」と語っています。

最短で水曜日に36位のファビオ・フォグニーニ(イタリア)か39位のマートン・フクソビッチ(ハンガリー)と対戦します。そして、3回戦ではフランスのNo.1であるガエル・モンフィス(21日)と対戦します。

また、ジョコビッチはデビスカップ決勝(11月25日~12月5日)を視野に入れて、月曜日に同胞のフィリップ・クラジノビッチとダブルスを行います。 この大会は、年間ベスト8の選手が集まるマスターズ(11月14日~21日)と並ぶ、ジョコビッチのシーズン末メニューの3つ目であり、最後の大会です。

2021年2月2日、メルボルンで行われたATPカップ1回戦で、カナダのミロシュ・ラオニッチとデニス・シャポバロフを相手にフォアハンドを打つセルビアのノバク・ジョコビッチ(DAVID GRAY AFP/Archives

ニューヨークでの幻滅は、彼の見方を変えるのだろうか。

「私は今でも彼をレジェンドとして見ています。グランドスラムを3回制覇し、最後のグランドスラムでは決勝に進出するノバクとして。卓越した人」とモンフィスは言います。私にとっては、あまり変化はありません。ノバクはノバクであり、彼はマシンであり、同じなのです。世界No.2に負けただけです。

ジョコビッチの復帰は、彼が好んで出場する全豪オープン(1月17日~30日)に向けて、ワクチン接種の問題が議論されている時期と重なりますが、ジョコビッチはワクチンに耐性があり、接種状況を公表することを拒否しています。

マレーの魅力

現段階では、WTAによって14週間の期間を経る可能性が出てきたにもかかわらず、オーストラリア当局は完全なワクチン接種の必要性について妥協しないことを繰り返しています。

例年通り、パリの週は、ロンドンで12回開催された後、初めてトリノで開催されるマスターズの最後のチケットを配布する機会となっています。

ジョコビッチとともに、すでにチケットを手にしているのは、ベルシーのタイトルホルダーであるメドベージェフ、ステファノス・チチパス、アレクサンダー・ズベレフ、アンドレイ・ルブレフ、マテオ・ベレッティーニの6人です。

ATPトーナメント「パリ・マスターズ」でドイツのアレクサンダー・ズベレフに勝利し、トロフィーを手にするロシアのダニール・メドベージェフ(2020年11月8日、アコーホテルズ・アリーナにて) Anne-Christine POUJOULAT AFP/Archives

2つはまだ受賞していません。当面は、ノルウェー人のキャスパー・ルードと、現在絶好調の若手イタリア人ヤニック・シナーが適任である。

フランス側では、今年は痩せた年になりそうです。本戦ドローに入っているのは、招待選手3人の計7人だけです。

アルゼンチンのカルロス・シュワルツマンに2回戦で敗れたフランスのゲール・モンフィス(2021年10月28日、ウィーンで開催されたATP大会にて) JOE KLAMAR AFP

モンフィスと65位のアーサー・リンダークネッチは、予選を勝ち抜いたブノワ・ペールからスタートし、パブロ・カレーニョ、エイドリアン・マンナリーノ(バシラシビリ)、リチャード・ガスケ(ディミトロフ)、ピエール=ユーグ・ハーバート(アルカラズ)、そして予選で唯一残っているヒューゴ・ガストンと対戦します。

もう一つの魅力は、アンディ・マレーの復帰です。彼は、2019年の初めに右股関節に装着したプロテーゼが彼のキャリアの終わりを左右することはないという決意を、毎週のように証明しています。このイギリス人は、2016年以来、ベルシーで姿を見せていませんでした。その時、両手いっぱいにトロフィーを持っていたのです。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/fr/sport/20211101-masters-1000-de-paris-djokovic-le-tournoi-d-après