フランスの日刊紙「Le Figaro」「L'Humanité」「Libération」は、2021年9月27日(月)に行われるドイツの選挙に一面を割いています。Le Figaro、L'Humanité、Libération

フランス本日のヘッドライン:ドイツは交渉の真っ最中!?

AF注)16年間首相の座にいたメルケル首相が遂に退陣し、選挙が行われました。この動向をフランスのメディアは連日報道しています。

「ハンカチを!」 とLe Parisienは叫んだ。オラフ・ショルツ氏が率いる社会民主党は、25.7%の得票率で保守党を僅差で破り、メルケル政権の終焉を告げるドイツ連邦議会選挙に勝利しました。保守的なCDU-CSU陣営の得票率は24.1%で、史上最悪の結果となりました。これは、政界から引退する予定のアンゲラ・メルケル首相陣営にとって大きな後退となります。さらに後方では、緑の党が14.8%で3位、リベラルなFDPが11.5%で続きます。

そして、今は「交渉の時」だとLes Dernières Nouvelles d’Alsaceは言う。”CDU/CSU連合は大崩壊し、最悪のスコアを達成した。(中略)そして、(小さな)勝者であっても、SPDの社会主義者たちは政府を樹立する手段を持っているとは保証されていない。この国では左派は十分な重みを持っておらず、緑の党は発表していた連立政権への参加を可能にするような突破口を開くことができませんでした。SPD+Die Grünenでは過半数を獲得することはできません。

つまり、「再び連立を組むことになるが、これはメルケル首相時代に政党間のイデオロギー的な境界線が曖昧になったことの名残である」と、「Les Dernières Nouvelles d’Alsace」紙は指摘しています。その結果、ドイツが深く分裂しているのか、それとも漠然とした中道右派のパターンに大同団結しているのか、今朝ははっきりしません。

(新たな)穏健派連合を目指して?

ル・フィガロ紙は、「連立政権を構築するには長い交渉が必要であり、おそらく1950年代以来の3党体制になるだろう」と述べています。イデオロギー的に離れた立場の間での微妙な妥協点を探ることで、ドイツは16年間の「メルケル主義」を経て、穏健な連立政権を約束されているようです。メルケル主義とは、角度を丸くして、世界の衝撃からできる限り守ることで国の経済的利益を守ることからなる手法です。ドイツ人はこの快適さを大切にしており、これは首相の主な遺産として残るだろう。

ヨーロッパ人は永遠に続くゲルマンの鳴き声に飽き飽きしている」というのが事実であると、ル・フィガロ紙は言う。大陸を代表する経済大国が、ますます激化する危険な国際競争の中で、より大きな責任を負うことを望んでいるのです。中国が輸出契約を守るために、あるいはロシアがガスの蛇口にアクセスするために、妥協に転じると、妥協の術は限界に達します。

オラフ・ショルツの配置が良い

いずれにしても、次の首相はオラフ・ショルツかもしれない。リベラシオン誌は、「最低賃金の引き上げなど、シンプルで実用的なアイデアに頼り、間違いのないキャンペーンを展開したリーダーに刺激された、ドイツ中道左派の予想外の台頭である」と指摘しています。オラフ・ショルツはまだ首相には程遠いが、少なくともタイトルを主張することはできる。

リベラシオン誌は、「(ドイツの)極右勢力の結果は芳しくなく、西側諸国でポピュリストや外国人嫌いが急増しているにもかかわらず、10%にとどまった」と指摘しています。これは、ドイツ国民の政治的、社会的、道徳的な直立性を明確に示すものであり、我が国の政治家は、このことを大いに謙虚に認識した方がよいでしょう。

重い社会的責任…。

最後に、L’Humanitéにとっては、メルケル首相の遺産が社会面で重くのしかかっているため、新連立政権は仕事をこなさなければならないでしょう。この首相は、「前任者のオルド・リベラリズムと不人気な反社会的改革の足跡をたどっている」と共産党の日刊紙は非難しています。彼女は、労働市場の柔軟性を大幅に向上させました。歴史的に低い失業率の裏側には、雇用の不安定さがあることを忘れがちである。700万人ものドイツ人がミニジョブに従事しており、そのうち300万人は生き延びるために仕事を積み重ねることを余儀なくされている。

要するに、「ドイツのモデルはない」というのが、リュマの言い分です。「首相の4つの任期の間に、社会的不平等は爆発的に拡大し、西欧と工業化の遅れた東欧との間の格差は拡大し、人々は繁栄する成長から忘れ去られたと感じています。(中略)「民主主義は市場に適合しなければならない」とアンゲラ・メルケルはかつて言った。共産主義者の日刊紙は、彼女はドイツをこのドグマに従わせ、何百万人もの混乱した国民にとって緊縮財政が当たり前になるようにしたと結論づけています。

シェアしよう!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です