2021年9月27日と28日の2日間、健康危機によって深刻な影響を受けている精神保健・精神医療分野の人々が集まり、議論を行います。CC0 Pixabay/Gerd Altmann

フランス、精神保健・精神医療分野の憂慮すべき状況

フランスでは、1年半にわたる健康危機の後、メンタルヘルスと精神医学の分野では、今週の火曜日、エマニュエル・マクロン氏が長らく約束していた会議の閉会式で発表される国家元首の発表を心待ちにしています。

Covid-19の流行により、現在1,200万人以上のフランス人が罹患している精神障害にスポットライトが当てられています。孤立、不安、監禁された状態での家族内暴力なども、新たな苦しみの起爆剤となっている。

この危機は、精神医療分野の荒廃状況にも厳しい光を当てており、専門家が経験していることをX線のように正確に観察しています:フランスの精神医療は崩壊の危機に瀕しています。

精神科医や心理学者とのアポイントメントを取ろうとすれば、その難しさに気づくはずです」と精神科医のティエリー・ナジュマン氏*は言います。病院のサービスによっては、パリの地域でも予約を取るのに1年以上かかることもあります。また、親族を入院させたいと思ったとき、その困難さは特に大きいことがすぐにわかります。

医療スタッフのフライト

現在、病院では30%のポストが埋まっておらず、20%のインターンポストが放置されています。精神科医が10人いた病院の診療科も、今では1人しかいません。医師や看護師、心理学者が逃げ出してしまうほど、病院サービスの状況は深刻ですから、おそらく一定の限界を超えていると思います」とティエリー・ナジュマンは断言する。フランス北部の精神病院で報告されたように、いくつかの部門では専門家が空になり、ベッドがなくなっていることから、状況が重要なポイントに達していることがわかると思います。そうして、大きな困難を迎えたことで、状況は自ずと悪化しているのです。”

エマニュエル・マクロン氏はこのアサイーを公約に掲げており、連帯保健省は「歴史的瞬間」とさえ言及していました。6月から9月に延期されたことで、期待が高まっています。プロフェッショナルたちは、2日間の討論会の最後に、心理学者との相談の払い戻しなどの発表を期待しています。そして何よりも、完全に崩壊してしまった公的な精神医療システムを救うために、緊急計画がもたらされることを望んでいる。

ここ数十年で何万ものベッドが閉鎖され、慢性的な資金不足に陥っているため、その課題は計り知れません。

  • Thierry Najmanは、Odile Jacobから出版された『Lieu d’asile Manifeste pour une autre psychiatrie(もうひとつの精神医学のためのマニフェスト)』の著者です。
シェアしよう!