(photo)「ビッグ・ジョン」は2014年にサウスダコタ州で発見された。Christophe ARCHAMBAULT AFP/File

これまでに発見された中で最大の恐竜「トリケラトプス」の化石が1日、パリで競売にかけられ、欧州記録となる665万ユーロ(約6億円)の価格で落札された。フランスの博物館は太刀打ちできなかった。

ビッグ・ジョンは、約6,600万年前の上部白亜紀(恐竜の最後の時代)に、現代の米国サウスダコタ州を闊歩していました。氾濫原で死んだ彼は、泥に埋もれて保存状態が良かったという。

2014年、古生物学者がこの植物食恐竜の骨格の60%を掘り起こし、イタリアの専門家がそれを組み立てることに成功しました。

ビッグ・ジョンは今後、故郷に戻り、名前のない新しい所有者のプライベート・コレクションとなります。Drouot社によると、先週パリで公開された後、買い手は「恋に落ちた」とのことです。

買い手は他の10人の入札者を破り、特に3人の入札者が最後の数分で価格を引き上げました。

ビッグ・ジョンの復元に携わった古生物学者のIacopo Briano氏は、「ビッグ・ジョンの全体的な質の高さは、まさにこの価格にふさわしい」と述べています。

2014年にサウスダコタ州で発掘された200個のうちの一部 AP – Lewis Joly

個性的な恐竜

ビッグジョンの骨格は、幅2メートルの頭蓋骨を含む200個のパーツで構成されています。

彼の骨を分析した科学者たちは、彼の頭蓋骨が他の既知のトリケラトプスの骨格よりも5〜10%大きいことを発見しました。

頭蓋骨には損傷の痕跡があり、少なくとも一度はひどい喧嘩をしたのではないかと考えられています。

トリケラトプスは恐竜の中でも最も特徴的な動物で、頭にある3本の角(鼻に1本、額に2本)がラテン語の名前の由来にもなっています。

パリで展示されているビッグ・ジョン Christophe ARCHAMBAULT AFP/Archivos

美術館が値切る

今回の売却額はヨーロッパでの記録となりましたが、昨年ニューヨークでティラノサウルス・レックスの骨格が3,180万ドルで落札されたのとは比べ物になりません。

水曜日のオークションでは、博物館が落札されないことは最初から明らかでした。

トゥールーズ自然史博物館のフランシス・デュラントン館長は、「我々は太刀打ちできない」と語り、当初の予想価格だけで、博物館の収蔵予算の20〜25年分に相当すると付け加えた。

専門家の中には、重要な発見物が博物館ではなく、超富裕層の個人的な邸宅に置かれてしまうことを懸念する声もある。

「恐竜の化石は博物館にあるべきだ」と『The Rise and Fall of the Dinosaurs』の著者であるスティーブ・ブルサット氏は言う。

競売人のアレクサンドル・ジケロは、8月下旬、パリのショールームで組み立て中のビッグ・ジョンの前でポーズをとる。 AP – Lewis Joly

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211022-big-john-world-s-largest-triceratops-auctioned-for-over-6-mn-euros-in-paris-dinosaur