(Photo)欧州の科学者たちは、コロナウイルスが、脳の周囲にあって小脳を保護し、血流を促進する内皮細胞を破壊することを発見した。AP – David Duprey

欧州の研究で、新型コロナウイルスがヒトの脳の血管に影響を与えることが明らかになり、この病気の長期的な影響についてさらなる疑問が生じている。

フランス、スペイン、ドイツの科学者による研究が木曜日に科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」に掲載され、肺を攻撃することに加えて、ウイルスが特定の脳細胞を殺す可能性があることが明らかになった。

この細胞は内皮細胞と呼ばれ、脳の周りにあり、小脳を保護し、血流を促進しています。

血流を妨げる「幽霊血管」

科学者たちは、コヴィドで死亡した患者を観察することで、ウイルスが内皮細胞を破壊していることを発見しました。

報告書の共同執筆者であるリールのインサーム研究センターのVincent Prévot氏は、「血液は、通常は血流から出る分子を見ることができないはずの脳の領域に入ります。

内皮細胞が完全に死滅した第2段階では、血液がもはや流れない “ゴースト血管 “のようなものが作られる」と述べている。

脳の小さな領域が酸素とブドウ糖を奪われ、結果的にダメージを受けます。

つまり、脳卒中ほど深刻ではありませんが、血流の低下を示す微小出血のリスクがあり、これが深刻な結果をもたらし、急速に死に至る可能性があるのです。

ダメージが元に戻る可能性

今回の調査結果は憂慮すべきものであり、新型コロナウイルスに感染した人は必然的に脳に問題を抱えることになるのかという疑問が生じるのは必然である。

しかし、今回のような死亡例は稀であり、何よりも脳へのダメージが元に戻る可能性があることを指摘しておかなければならない。

Prévot氏は、「ハムスターにごく軽度の新型コロナウイルスが発症した場合、その現象は明らかに可逆的であることがわかったので、人間にも可逆的である可能性が期待できる」と述べている。

第二に、新型コロナウイルスに感染したときに脳細胞が特別に損傷を受けるかどうかを知ることは困難です。

今回の研究では、重症のコヴィドを発症した患者さんにその可能性があることを示しています。しかし、重症ではなく軽症の場合には、その可能性はありません。

「Prévot氏は、「それを知るためには、1週間にわたって10分ごとに血液を採取して、血液中のウイルスの有無を測定しなければなりません。

“残念ながら、これは実現不可能です。”

長期的には、脳の病変が残り、損傷した脳の老化の状態に影響を与えるのではないかという問題もある。

ちょうど1世紀前に起こったスペイン風邪を例にとると、それで死ななかった人は、後年、パーキンソン病などの神経変性疾患を発症する確率が高かったという。

まだ多くの疑問が残っており、それを得るためには時間とさらなる研究が必要です。

AntenneFranceとフランス国営放送局RFIの提携

https://www.rfi.fr/en/france/20211022-eu-research-reveals-long-term-brain-damage-caused-by-covid